<免疫力力とは?>金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。

<免疫力力とは?>「金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。あらゆる機会をとらえて体を鍛えておくことは、資本の蓄積に通じる」(城山三郎著『精算あり』)
日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏は、新型コロナウィルスに感染したが、回復して健康になった。田嶋氏は、元プロサッカー選手、奥様は医療技術者で、日本代表の医療スタッフとして海外遠征にも同行する。
健康とは何か?、今回の新型コロナウィルス感染症で、免疫力なるものに注目した。
免疫力とは何か?
(以下、ネット情報より)
体温を上げる工夫
免疫細胞は血液の中にいます。体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。
①適度な運動をする
体を温め、免疫力を高めるために欠かせないのが運動です。
②ぐっすり眠る
心もカラダも昼間の活動の緊張から解放され、心底リラックスしているのが睡眠中です。
③栄養バランスを大切に
毎日の食事への心がけは免疫力に大きく関与します。免疫力を高める食べ物を上手に摂りましょう。
④入浴で身体を温める
38~40℃ぐらいのお湯に、20~30分ゆっくりつかると良いでしょう。
⑤思いっきり笑う
笑うと免疫細胞が活性化するという研究データが出ています。
(以上、引用から)
生きてみると、なんだ!と思われるかもしれないが、なかなかできないのが、日常生活。
城山三郎さんの言葉を訳すと『資本主義の基は"健康"である」ということでしょう。
体力と免疫力は違う、という意識を持って、今後は身体を鍛えることが必要と思いました。
もう一度、城山三郎著『成算あり』から、
「金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。あらゆる機会をとらえて体を鍛えておくことは、資本の蓄積に通じる」
体力と免疫力の両方を鍛える工夫を生活の中に入れていくことが、老後を楽しむ条件かもしれないと思います。

<免疫力力とは?>金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。

<免疫力力とは?>「金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。あらゆる機会をとらえて体を鍛えておくことは、資本の蓄積に通じる」(城山三郎著『精算あり』)

日本サッカー協会会長の田嶋幸三氏は、新型コロナウィルスに感染したが、回復して健康になった。田嶋氏は、元プロサッカー選手、奥様は医療技術者で、日本代表の医療スタッフとして海外遠征にも同行する。

健康とは何か?、今回の新型コロナウィルス感染症で、免疫力なるものに注目した。

免疫力とは何か?

(以下、ネット情報より)

体温を上げる工夫
免疫細胞は血液の中にいます。体温が下がり血行が悪くなると、体内に異物を発見しても素早く攻撃できません。

①適度な運動をする
体を温め、免疫力を高めるために欠かせないのが運動です。

②ぐっすり眠る
心もカラダも昼間の活動の緊張から解放され、心底リラックスしているのが睡眠中です。

③栄養バランスを大切に
毎日の食事への心がけは免疫力に大きく関与します。免疫力を高める食べ物を上手に摂りましょう。

④入浴で身体を温める
38~40℃ぐらいのお湯に、20~30分ゆっくりつかると良いでしょう。

⑤思いっきり笑う
笑うと免疫細胞が活性化するという研究データが出ています。
(以上、引用から)

生きてみると、なんだ!と思われるかもしれないが、なかなかできないのが、日常生活。

城山三郎さんの言葉を訳すと『資本主義の基は"健康"である」ということでしょう。

最中で、体力と免疫力は違う、という意識を持って、今後は身体を鍛えることが必要と思いました。

もう一度、城山三郎著『成算あり』から、

「金銭万能の資本主義のこの世でも、健康だけは、やはり高価な資本といえる。あらゆる機会をとらえて体を鍛えておくことは、資本の蓄積に通じる」

体力と免疫力の両方を鍛える工夫を生活の中に入れていくことが、老後を楽しむ条件かもしれないと思います。

<地域一丸なら発想を変える>これから増える感染者を自宅待機ではなく、今苦境にある宿泊施設を使ってはどうだろうか。

F8F7D5D2-C069-44BA-8081-183C509D12F1.jpeg56B7F5DC-7FBB-492B-84BA-B2A6A068675A.jpeg
<地域一丸なら発想を変える>これから増える感染者を自宅待機ではなく、今苦境にある宿泊施設を使ってはどうだろうか。

賛同する宿泊施設が申し出ないと難しいが、クルーズ船のみなさんを受け入れた施設や医療施設がありました。

自粛、自粛では先行きも夢も萎む。夜の仕事の人に、ちゃんと防護服と介護知識を理解してもらい、施設に不足する人材として協力してもらう。地方には、少子化で廃校後に改装した公共の宿も増えている。利用する施設は、数多ある。

どう考えても、患者が減る方向になければ、その先のことを考えるのが行政の仕事と思います。野戦病院的な発想で、軽度の方、症状の出ない方を、民間の施設を活用することも、地域一丸の取り組みのように思います。

<コロナ禍>地球という”神“が、人類に警鐘を鳴らしているのでは?〜500年ぶりの転換〜

<コロナ禍>地球という”神“が、人類に警鐘を鳴らしているのでは?〜500年ぶりの転換〜

まず、超高成長の中国から始まり、日本はこれからですが、次に来たのが韓国、さらにイタリア、イラン、スペイン、フランス、そしてアメリカ、と感染者が拡大して行った。

かつての世界を席巻したスペイン、イギリス、フランス、アメリカ、そこが感染者が増えている。

これから途上国に移るのでしょうが、何故中国、韓国、西洋なのか?

日本は、警戒し過ぎて逆に、水際が良かったのか、これからが感染拡大の本番になるのだと思います。

先ほど、中国古典に詳しい日本文学研究者で教授の方から、過去500年規模の世界の天変地異の時期に在る!

と警鐘を語っていました。今回の感染は、島国日本は、とにかく国内を徹底すれば、陸続きのヨーロッパのような感染はなかろう。

が、大航海時代からの流通の世紀から、情報の世紀に変わる転換の事件かもしれないと、考えました。

ものからネット(情報)に変わる事件になりそうな感じを持っています。要は、"主は生活"重視になるのだと思います。

<国連事務総長・警告>(新型コロナウイルスによる感染症)COVID-19は、国連の設立以降に我々が直面する最大の試練だ。最大2500万人が失職も。〜BBC〜

<国連事務総長・警告>(新型コロナウイルスによる感染症)COVID-19は、国連の設立以降に我々が直面する最大の試練だ。最大2500万人が失職も。〜BBC〜

新型コロナ感染症は、"いつか終わる"ではなく、国民が一致協力して"早く終わられる"の生活意識が必要です。

どうしても外出が必要ならば、マスク着用(咳エチケット)、"手洗いの徹底"と"うがい"も必要です。

(以下、BBC-webより抜粋)

>新型ウイルスの感染拡大は、「おそらく近年の比ではないほどの」不況をもたらす可能性があると述べた。

>「新型コロナウイルスは社会の根幹を揺るがし、人々の命や生活を奪っている」
グテーレス氏はまた、「(新型コロナウイルスによる感染症)COVID-19は、国連の設立以降に我々が直面する最大の試練だ」とし、「感染を抑制し、パンデミック(世界的流行)を終わらせるために、直ちに協調的な医療対応」を取るよう求めた。

>最大2500万人が失職も(中略)

(以上、BBC-webより)

「世界が直面する過去最大の"世界危機陥る"」とクデーレス国連事務総長が、訴えている。

(世界)
 またアメリカ国民は、都市封鎖から"4人に3人"が活動できない状況。これから、途上国へウィルス感染が広がっていくと、医療体制が脆弱なので、おそらくパンデミックがさらに拡大する可能性がある。

(日本国内)
 日本の若者たちに願うこと、自らは体調崩さなくても、菌をばら撒く可能性はあります。家族や友人の弱者への感染防止のため、外出の自粛を心がけましょう。

(国民の意識)
 新型コロナ感染症は、"いつか終わる"ではなく、国民が一致協力して"早く終わらせる"の生活意識が必要です。

(予報策の徹底)
 どうしても外出が必要ならば、マスク着用と手洗いの徹底、うがいも必要です。

みんなで、このコロナ感染防止に取り組みましょう!

がんばろう、日本。

がんばろう、世界。

医療従事者、行政機関の皆様に感謝を込めて。懸命の医療・介護に対し、慰労と感謝を申し上げます。

<水俣病と脳の水銀被曝>[アルツハイマー病]、1型:炎症、2型:栄養サポートの欠乏、3型:有毒化合物への暴露(被曝)の3タイプがある。

<水俣病と脳の水銀被曝>[アルツハイマー病]、1型:炎症、2型:栄養サポートの欠乏、3型:有毒化合物への暴露(被曝)の3タイプがある。

今朝は、一月半ほど読んでいなかった脳学者のデール・プレデンセン博士グループがまとめた『アルツハイマー病の真実と終焉』をパラパラとまた読み出しました。
(以下、本より拾い出した部分から)
アルツハイマー病の3つの型は、APPに4つのダウンサイジングメモ(写真)を発信するよう影響する3つなプロセスである。
アルツハイマー病の原因物質と言われてきたアミロイドβは、ももととは、炎症(防御)反応の一部であったことを突き止めたデール・プレデンセン博士グループたち、この炎症反応に、抗菌薬として機能し(したがって感染と闘う体の機能の一部になる)、またホルモン、ビタミン、栄養素やその他の補助(栄養)因子の不足に、より拡張可能なシナプスを縮小して反応する。さらに、毒物暴露(被曝)への防御反応の一部でもある。例えは、水銀や銅などの重金属と非常に固く結合する。
(以上、『アルツハイマー病の真実と終焉』より抜粋)
以前にも書きましたが、アルツハイマー病は、中年期からの生活習慣が起因していることが、だんだん分かってきています。
(以下、本より抜粋)
シナプスの縮小(萎縮)のタイプの脳から、アミロイドβが除去されれば、理論的には進行が遅れる可能性があるが(CFO=脳の財責任者をクビして浪費を続けるようなもの)、最終的には規則性の低い活動に至り、それゆえに、重大な認知能力が失われる。
同じ懸念は、1型と2型の混合タイプである1.5型、糖毒性タイプ(甘性、甘いものが好き)の患者にもある。
毒性サブタイプの患者の脳から、アミロイドが除去されれば、防御反応の一部が失われるため、毒性暴露(被曝)が続いていれば重大な問題になる。
(以上、『アルツハイマー病の真実と終焉』より)
・アルツハイマー病3型と水俣病
熊本県には水俣病の患者さんが、まだ苦しみの中にあります。未だに続いている、訴訟の数々、アルツハイマー病のことを学びながら、水俣病の根源にもなっている脳の有機水銀暴露(被曝)の実態はここにあったのか、と改めて勉強しました。
脳の防御反応物質"アミロイドβ"と"有機水銀"の関係を勉強しなければと考えています。

<水俣病と脳の水銀被曝>[アルツハイマー病]、1型:炎症、2型:栄養サポートの欠乏、3型:有毒化合物への暴露(被曝)の3タイプがある。

<水俣病と脳の水銀被曝>[アルツハイマー病]、1型:炎症、2型:栄養サポートの欠乏、3型:有毒化合物への暴露(被曝)の3タイプがある。

〜〜

今朝は、一月半ほど読んでいなかった脳学者のデール・プレデンセン博士グループがまとめた『アルツハイマー病の真実と終焉』をパラパラとまた読み出しました。

(以下、本より拾い出した部分から)

アルツハイマー病の3つの型は、APPに4つのダウンサイジングメモ(写真)を発信するよう影響する3つなプロセスである。

アルツハイマー病の原因物質と言われてきたアミロイドβは、ももととは、炎症(防御)反応の一部であったことを突き止めたデール・プレデンセン博士グループたち、この炎症反応に、抗菌薬として機能し(したがって感染と闘う体の機能の一部になる)、またホルモン、ビタミン、栄養素やその他の補助(栄養)因子の不足に、より拡張可能なシナプスを縮小して反応する。さらに、毒物暴露(被曝)への防御反応の一部でもある。例えは、水銀や銅などの重金属と非常に固く結合する。
(以上、『アルツハイマー病の真実と終焉』より抜粋)

以前にも書きましたが、アルツハイマー病は、中年期からの生活習慣が起因していることが、だんだん分かってきています。

(以下、本より抜粋)

シナプスの縮小(萎縮)のタイプの脳から、アミロイドβが除去されれば、理論的には進行が遅れる可能性があるが(CFO=脳の財責任者をクビして浪費を続けるようなもの)、最終的には規則性の低い活動に至り、それゆえに、重大な認知能力が失われる。

同じ懸念は、1型と2型の混合タイプである1.5型、糖毒性タイプ(甘性、甘いものが好き)の患者にもある。

毒性サブタイプの患者の脳から、アミロイドが除去されれば、防御反応の一部が失われるため、毒性暴露(被曝)が続いていれば重大な問題になる。
(以上、『アルツハイマー病の真実と終焉』より)

・アルツハイマー病3型と水俣病
熊本県には水俣病の患者さんが、まだ苦しみの中にあります。未だに続いている、訴訟の数々、アルツハイマー病のことを学びながら、水俣病の根源にもなっている脳の有機水銀暴露(被曝)の実態はここにあったのか、と改めて勉強しました。

脳の防御反応物質"アミロイドβ"と"有機水銀"の関係を勉強しなければと考えています。