<鹿児島県教委のいじめ軽視の姿勢>いじめと認められるまで ~母親の4年7か月~

<鹿児島県教委のいじめ軽視の姿勢>いじめと認められるまで ~母親の4年7か月~ 

行政トップの“いじめ”に対する姿勢が、見えてきますね。一人の生徒の命と向き合っていない心が、情けないを通り越して、とても悲しくなります。

ぜひ、このNHKニュースに目を通してください。

〜以下、NHK-webニュースより抜粋〜
2019年7月30日 10:38NHK NEWS
田中拓海さん高校1年生。2014年8月20日、自宅でみずから命を絶ちました。2度のいじめ調査を経て、後にその死にいじめが大きく影響したと認定されます。『息子に何があったのか知りたい』。その一心で走り続けた母親。息子の死から結論が出るまでに積み重ねた時間は、1680日。なぜこれほどまでに時間がかかったのか。声を上げ続けた母親の日々を追いました。(中略)

>「自殺の要因となるいじめは特定できない」

母親はこの報告書の結論を受け入れませんでした。延べ100人以上にのぼる聞き取り調査は県教委や学校関係者が90人以上にのぼった一方、生徒はわずか3人。(中略)

>初めて自宅を訪れた鹿児島県教育委員会の教育長は拓海さんの仏壇に手を合わせると静かに口を開きました

『重大な事態を防げなかったことを心よりおわび申し上げたい』

わずか数十秒のことばを述べて押し黙りました。

『それで、きょうは終わりですか?』

たまらず代理人の弁護士が問いかけました。

『報告書を真摯(しんし)に受け止めて再発防止に取り組みたい』

代理人が再度問いかけます。

『再発防止は当たり前のことで、どうしてこうなったのか、そういうことについてお話があると思っていた。今のお話でわざわざいらっしゃったのなら、来ていただいた意味はなかった』

それでも教育長はことばを繰り返しました。

『重く受け止めておわびに上がったという趣旨でご理解いただきたい』(中略)

>その死を少しでも無駄にしないために次に行動をおこすのは遺族ではなく教育行政や私たち社会の役割のはずです。遺族はいつまで、声を上げ続けなければいけないのでしょうか?(中略)
〜以上、NHK-webニュースより〜

いじめが起きて対応するのではなく、いじめを起こさない学校のあり方が大事と思うのですが、

仏壇の前に来る前に、やるべきとこは山ほどあったのではないか?

全国で起こるいじめの報道を聞くたびにとても悲しくなります。

先日訪問した和歌山県橋本市の「きのくに子ども村学園小学校」は、1〜6年までのプロジェクト型クラス運営なので、いじめなど起こるはずもない、そんな学校が日本に存在しています。

ほんとうに、学校とは何をするところか、日本の教育行政が問われていると、危機感を感じています。


(以下、NHKニュースよりシェア)
いじめと認められるまで ~母親の4年7か月~  (NHK NEWS) https://lin.ee/4hIn1JL?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=timeline
0

<住宅再建情報>今大きく注目されているシニア層向けの融資制度「リバースモーゲージ」とは?<3つのリスク>

<住宅再建情報>今大きく注目されているシニア層向けの融資制度「リバースモーゲージ」とは?

リバースモゲージのリスク

一見、万能に見えるリバースモーゲージですが、実は3つのリスクがあるのです。

1.長寿リスク
平均寿命が延びている現代において、個人が何歳まで生きられるかは予測できません。そのため、融資極度額まで資金を使ってしまう恐れがあります。

2.不動産価値の下落
不動産価値は路線価をベースに算出されるのが一般的ですが、中でも最も重要視されるのが「土地」です。この土地の価値が下落してしまうと、融資極度額の見直しがされる恐れがあります。既に融資極度額以上の資金を使用していた場合、差額を返済する必要性がでてきます。

3.金利上昇リスク
一般的に「変動金利」を採用している金融機関が多いため、時勢に応じて金利が変動します。金利が大幅に上昇してしまうと、毎月の金利支払額が高騰してしまう恐れがあります。
(以上、ネット情報より)

どういう老後を過ごすのか?

考えてリバースモゲージ型融資を考えるべきと思います。
アメリカのサブプライムローンのリスクから学ぶことも必要かと、危惧します。

0

<憲法9条の改憲>平和は、世界の社会的共通資本の最低条件では。〜宇沢弘文〜

<憲法9条の改憲>平和は、世界の社会的共通資本の最低条件では。〜宇沢弘文〜

(少々長い文です。お時間あるときに・・・)

〜ローマ法王の言葉が世界を変えた〜

初日の視察研修を無事に終えて宿に帰り、熊本から大阪へ移動中に読んだ『人間の経済』(宇沢弘文著)

宇沢弘文博士の本に見つけた以下の言葉を紹介します。

(以下、本より抜粋です)

ローマ法王・ヨハネパウロ二世が来日された時に、広島と長崎を訪問された後に語られた言葉は、「平和は人類にとって、いちばん大事な共通の財産である。特に日本の平和憲法は、平和を守る非常に重要な役割を果たす社会的な資産である」(1981年)

マッカーサーが、なぜ大統領候補に上がったか?(実際は空中分解)
大統領の命令を聞き耳を持たないマッカーサーは朝鮮戦争中に解任された。ところが、帰国後上院の軍事外交合同委員会の公聴会で次のように証言します。

(以下、宇沢弘文著『人間の経済』より)

「日本の憲法に第九条を入れさせたのは私だ。それは幣原喜重郎が自分のところへ来て、こういったからだ。『軍人であるあなたにはいいづらいが、日本がこれから世界で生き延びいくためには、絶対に軍隊を持ってはいけない。だから、憲法の中に日本は軍隊を持たないということを明示的に入れたい』。私はそれに感動して、幣原に、いろいろ困難をともなうかもしれないが入れるように、とアドバイスした」
    この証言によって、アメリカ人のマッカーサーのイメージは百八十度変わりました。日本の平和憲法をつくった最大の功労者ということで、マッカーサーを大統領候補にしようと運動まで起こりました。
    しかし、マッカーサーは選挙事務所のスタッフと事ごとく言い争い、とうとうスタッフ全員がやめてしまったそうです。
(以上、本より)

とにかくマッカーサーは、陸軍学校をトップの超エリート意識が、最後まであった方で、大統領の命令も聞かない、退役軍人のデモにも興味を示さず弾圧しました。ともに戦地で戦った仲間にも興味を示さず、戦果を上げることに興味だけだったようです。

>日本の平和憲法をつくった最大の功労者ということで、マッカーサーを大統領候補にしようと運動まで起こりました。(中略)

当時の時代と今は違うかもしれませんが、ヨハネパウロ二世とマッカーサーの発言を支持したアメリカ人たちの思いは、現代の人々にも共感できる内容と思いました。

私は、防衛議員連盟に参加しています。それは、東日本大震災の復旧作業での大活躍の自衛隊に感動して、涙する思いでした。議連の名前は別として、自衛隊を心底応援したい思いで、宇土市議会防衛議員連盟に参加しています。

私は、憲法9条を支持したアメリカ人の思い、そしてローマ法王の言葉は、現代のリーダーたちがわすれてはいけない、太平洋戦争を経験した人類の知恵だったように思います。

マッカーサーは、わがままで当初の国民の思いを理解できず、世界のリーダーたちにローマ法王の思いは届かないままお亡くなりになりました。
0

学校が安易に進める「奨学金」、若者たちは借金地獄から、女子大生の風俗、男子学生の犯罪まがいの高収入バイト、等々。

<日本は人が資源>学校が安易に進める「奨学金」、若者たちは借金地獄から、女子大生の風俗、男子学生の犯罪まがいの高収入バイト、等々。

先週から読む、『東京貧困女子』は、なんでこんな社会にから、悲しくなり、読めば読むほど、最後は怒りに変わります。

小泉労働改革は、なんだったのか?(当時の状況はありますが、日本スタイルの労働はなかったのか)

若者の目標「3高」のバブル崩壊で変わったが、未だに引っ張っている。

「3高」とは、高学歴、高収入、背が高い(男性?)でした。

しかし、女性も男性の3高に近づけるように、3高を目指した。

そこの域に、女性が行くには、高学歴を望むことになり、返済計算を指導しない高校の進めるままに、奨学金を借りて進学、それも東京へ。

ところが、バブル崩壊、労働改革、男女雇用均等法、「24時間たたかえますか?」のCMコピーは終わった。

本を読み、社会の歪みを、若者たちがモロに受けていると思います。

反面、後期高齢者の医療に増え続け、2017年は42兆2千億円に。

もし、その医療の1兆円を現役大学生に還元すると一人30万円になるそうです。さらに、裕福な中流家庭学生の除き、平均所得以下(奨学金を受けている)現役学生に回すと、一人60万円になります。
(以上、『東京貧困女子』から)

苦しい学生は、辛抱して学生性をしています。この60万円(月5万円)あれば、風俗にも違法アルバイトにも手を出さなくて済む学生がほとんどです。

私は、昔の高齢者の61歳になりましたが、元気です。
もし、後期高齢者になっても、歩く健康維持で、高額医療費を使う治療は、考えていません。(これは、私の持論なのでご理解を)

日本は、地下資源がありません。大切なのは、日本の人間、若者です。もっと未来ある若者に、10月に始まる消費税の金を使って欲しい。そのことを、今の参院選で議論して欲しい。

奨学金地獄に苦しむ学生を助ける議論が起こることを願います。
0