アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

意中有人(いちゅうひとあり)

2017/04/27 06:27
意中有人(いちゅうひとあり)

おはようございます。今朝のウオーキングは、肌寒さを感じる空気でした。ちょっと汗をかいたので、シャワー浴びて朝仕事です。

さて、勝海舟の座右の銘とも言われる「六中観」ですが、その訓示の一つ「意中有人」について、深澤賢治先生の言葉に次がありました。

(以下、『陽明学のすすめII(2)」より)

意中有人・・・人と人との交わりです。困った時、辛い時、苦しい時にその人のことを思い出したら、何か心がホッとして会いたくなる。出かけて行って会い、とことん話をした結果、癒されてエネルギーが湧いてくる。そういう付き合いのある人を「意中の人」とお考え下さい。
例えは悪いですが、お金を借りようと思う時に連帯保証人が要りますが、連帯保証人を頼める人がいるかどうか。新しい事業を始める時に、パートナーになってくれる、あるいは資金主になってくれるように頼める人がいるかどうか考えるとよろしいでしょう。
<安岡正篤先生の解説>
意中の人というのは、まさかの時に真剣な問題を相談すると助けてくれるような親友があるかどうか。・・・、非常に行き詰まった時に駆け込むような本当の親友がいるかどうかということをいつも考える、用意しておく、そういうふうな人を意中人ありという。
(以上、本より)

安岡正篤先生は、最低3人(3分野)の友人が必要と言われる。常々、楽しく賑やかにお付き合いする仲間。次に、自分に示唆を与えてくれる尊敬・善導してくれる先輩。それに、地位ある時に「もうそろそろ」と退くことを忠告してくれる友人。
友がたくさんいることを自慢する人がいすが、安岡正篤先生の語る3人の友人たちかどうかは、本人が一番わかるはず。賑やかな仲間、善導する先輩、忠告してくれる友人、時折は周りに居る仲間をよく分析することも必要なのかもしれません。

降ってわいたような名誉ある地位についた時こそ、自らの奢りやミスについてしっかり反省することと、周りに近づく人たちを、真の仲間と言えるのか、人間観察も必要のようです。地位を退いた後の友人こそが、真の仲間と言えるのかもしれません。

ゴーテンウィークまで残り2日間、安心して事に当たれるように、しっかり準備しなければと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本国憲法の前文にある崇高な日本国の目指す政治思想を学ぶ。

2017/04/26 15:54
日本国憲法の前文にある崇高な日本国の目指す政治思想を学ぶ。

(以下、「日本国憲法」前文より)
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
(以上、「日本国憲法」前文より転載)

日本国憲法前文の後半部分、日本人の進む方向を示しているような言葉だと思います。緊張してきている東アジアですが、関わる国々のリーダーたちの政治姿勢が問われているのだと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いよいよ「龍馬ウォーク2017」週間(4/19〜25)が始まります。

2017/04/19 09:11
いよいよ「龍馬ウォーク2017」週間(4/19〜25)が始まります。

今日明日で、熊本市市街地の公園に登り旗を立てる(1週間)許可申請して回ってます。19日の午後から、ルート沿いの公園に、150本の「龍馬 復興元年・龍馬の志で熊本を元気に!」のスローガンの登り旗を立てます。見かけた時は、やってるな!と思ってください。

警察のウォークラリーの道路使用許可申請(19日午後認可書)も終えました。

いよいよ19日午後に、白川公園に40本の登り旗を立てる予定です。前回は20本だったので、久しぶりに目立つ取り組みとなります。


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学問を深め続ける人格者のあるべき姿「本物を見極めるものでありたい」

2017/04/19 08:13
学問を深め続ける人格者のあるべき姿「本物を見極めるものでありたい」

おはようございます。今朝のウオーキングは、出始めは肌寒かったですが、空が明るくなる頃には身体も温まり、気分良く歩けました。

さて、今回の龍馬ウォーク2017に関わる役所や警察の許可申請をする中で、受付の担当やその上司の対応は様々でした。

こちらの意図を聞き取る人、公園の使い道を切々と語る人、意図を理解できた方はさらに好条件の認可をしてくれる人、役所担当次第で、だいぶ違うな〜と思いました。

前回の龍馬ウォークの時は、許可は一ヶ所ですみましたが、今回は、4ヶ所の担当役所で申請をしなければならず、こちらは熊本市内をあっちこっちと、期日は迫っているのに、走り回りました。

4ヶ所の担当それぞれの対応に、市民の不満はここなのかと理解できました。個別認定に、統一性があまりなく、その役所に合わせてこちらが対応することになることもわかりました。

こちらとしては、期日まで許可は下すことが目的なので、とにかく相手に合わせて、苦言は有るは、再度出向いたり、地震でこんなところに役所があるのか?、いろいろと経験する龍馬ウォークの準備です。

さて、朝ウオーキングから帰り汗を流して開いた『言志四録』の解説書から、

【佐藤一斎一日一言】より

気概は鋭くありたい、品行は正しくありたい、品位や人望は高くありたい、見識や度量は広くありたい、学識は深くありたい、ものの見方や解釈は腰の据わった本物を見極めるものでありたい。
(以上、渡邉五郎三郎編著『佐藤一斎一日一言』より)

公的役を担う方々は、あるべき姿に近づけるよう、私も含めて考えなければならない訓示と思います。

>本物を見極めるものでありたい。

少しでも、その領域へ近づけるように努力せねばと、朝から考えました。

本日は、龍馬ウォーク2017の登り旗立てを午後からやります。見かけ時は、声をかけていただけるとありたいです。加えて、旗立てのお手伝いは、大歓迎です。ご協力いただける方は、私までご連絡ください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日の熊日朝刊に、「龍馬ウォーク2017」の告知記事掲載

2017/04/17 10:48
画像


本日の熊日朝刊に、「龍馬ウォーク2017」の告知記事が掲載されています。よろしければ、目を通していただければ幸いです。

早速、反応がありました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


NHKの朝ドラ「ひよっこ」から、熊本大学文学部の小松裕教授の著書『「いのち」と帝国』を思い出した。

2017/04/14 09:37
画像


NHKの朝ドラ「ひよっこ」から、一昨年亡くなられた熊本大学文学部の小松裕教授の著書『「いのち」と帝国主義』を思い出した。

今朝の朝ドラの内容は、戦後に出稼ぎ労働者として東北から東京へ来ていた夫が突然に居なくなり、妻が東京の警察に出向き、行方不明者として探して欲しいと願い出た。対応した警官は、「出稼ぎ労働者」としてしか見らず、妻は、長年住む家があり、健全な人格者、ちゃんと名前もあると涙ながらに訴える風景でした。

確かにドラマではありますが、戦後の混乱期、出稼ぎに出たまま帰らない人もいたと聞いたこともあり、事件や倒産等々、行方不明者も多く出ていたでしょうから、警察官の中には、東京在住の人と出稼ぎ労働者との「いのち(命)」の扱いに、微妙な違いを感じる対応もあったのでは、と思いました。その時ふと思出したのが小松裕教授の本です。

私の言う命は、社会的な命の事で、一人ひとりの尊厳(生命、考え、財産、等)を大切にすることです。

小松裕教授は、戦前には「いのち」に序列があったと指摘しています。その悪しき例が、明治の公害「足尾鉱毒事件」であり、未だ解決に至らない昭和の公害「水俣病」です。このほかにも、数え切れないくらい「いのち」に序列をつける国家権力の歴史があると思います。

別の見方ですが、「人に色を付けて見る」との偏見もまた同様で、一般市民も気がつかずに、尊厳を大切にしない言動をやってしまう。その一つが、学校の“いじめ”です。

今朝のコメント「県道高森線の4車線化」について、小松裕教授の指摘する「いのちの序列」から考えることも必要な気がしました。
またまた道路拡幅のやり方は、関東大震災後の東京市長の故後藤新平氏が行った「曳家」を活用した区画整理による道路拡幅事業が、時間はかかりますが、住民が納得するまちづくりに近づくと思いました。

画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


益城町・県道高森線の4車線化は、民意無視の机上論では、まちづくり(町民の賛意)は難しい。

2017/04/14 06:43
<熊本地震から1年>益城町・県道高森線の4車線化は、民意無視の机上論では、まちづくり(町民の賛意)は難しい。

おはようございます。1年前の夜21時25分に突然に揺れ始めた熊本地震は、前震以来昨日まで、何度も余震が続いている。丸1年が過ぎ、熊日新聞が何を特集するか? と注目していたら、「益城町・県道高森線の4車線化への疑問」だった。

私も、地図から考えた机上論から4車線化を発案した蒲島知事の考えには、疑問を持っている。

関東大震災では、当時の東京市長の後藤新平氏は、住民説明を何度も重ね、「曳家」という工事方法で、家を解体せずに、各家々から1割の土地を寄付させるやり方で、広い道路を創り出し、防災(火事)に強い東京の街を作り出した。後藤新平市長は、住民説明をとても重視した。

新聞に意見を述べている熊本大学の政治学の鈴木桂樹教授は、

「スピード感を持って事業に取り組むのは大事だが、町民が置き去りにされているのではないかと心配している」

と県と町の説明不足、住民の意見の吸い上げが、なっていないと指摘しています。まちづくりは、民意の反映でなければならない。鈴木教授は、次のようにも語っている

「町は県任せではなく、きちんと町民に説明する責任がある。一方、県は情報をつぶさに公開し、町民の意見を、吸い上げて事業を進めていくべきだ」

と厳しく、計画推進の改善を求めておられます。
阪神淡路大震災の後、神戸のある街が、市が勝ってに計画した復興計画に対して、大反対運動が起こった。それは、益城町・県道高森線の4車線化のように、安全な街にするために、広い道路と避難のための広場を、地図上で図面を描き、住民に発表した。
反対運動から、住民討論集会が開かれ、当時の災害復旧の国の法律(財源)を使うには、「区画整理事業」を活用しないと、財源が確保できないので、まちづくりワークショップを何度も開催し、住民の意見の最大限に入れた形の街の復興計画を書き上げた。

私は、国の災害復旧の法律(財源)を最大限に使いながらも、住民意見を吸い上げる努力を県・市町村がやらなければ、机上論の復興計画は、日の目を見ないと危惧しています。

画像


画像


画像


画像


画像






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる