アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

復興・コンサート2016.09.25、「うと軽トラ市」特設ステージ

2016/09/13 14:03
画像


画像


復興・コンサート2016.09.25、「うと軽トラ市」特設ステージ

いよいよ、第4回うと軽トラ市を、来る9月25日11時〜14時、宇土市住吉町の住吉漁業共同組合の荷揚げ場駐車場で開催いたします。今回は、特設ステージを設けて、熊本地震、6月豪雨の被災地復興を願いコンサートを、軽トラ市に合わせて開催いたします。

福岡を中心に活躍する松谷さやかさん、熊本市の大林由紀さんの2人の歌姫を招き、さらには地元の親父バンド他も出演する震災復興を願うステージを計画いたしました。

多くの方々にご参集頂き、おおいに盛り上げでいただけますようにお願いいたします。

日時 2016年9月25日11時〜14時
場所 宇土市住吉海岸(海床路)公園隣・住吉漁業共同組合荷揚げ場駐車場

*問い合わせ先 野口修一 09036667682
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<出店募集>「復興・うと軽トラ市」日時:2016年9月25日11〜14時、

2016/09/13 13:53
画像


画像


画像


<出店募集>「復興・うと軽トラ市」日時:2016年9月25日11〜14時、場所:宇土市住吉海岸公園隣・住吉漁業荷揚げ場駐車場
販売品目:農水産物、飲食物、手芸品、等々。子ども向けの出店や出し物、他。
出店参加費:宇土市内 1000円、宇土市外 3000円(地域振興の目的に使用いたします。ご協力ください)

出店参加申込み、問い合わせ
実行委員会 事務担当 野口修一 09036667682

当時開催(同会場特設ステージ)
「復興コンサートinうと軽トラ市」
日時 2016年9月25日11〜14時
場所 うと軽トラ市特設ステージ
入場料 無料
出演者 松谷さやか(福岡市)、大林由紀(熊本市)、親父バンド(宇土市)、他

<写真>前回6月に開催した「復興うと軽トラ市」と「復興ステージ」の様子です。今回は、座席を増設して多くの来場者をお待ちしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『貧困世代』という本、貧困の連鎖を防ぐ妙案はあるのか?

2016/09/06 10:33
画像



画像



『貧困世代』という本、貧困の連鎖を防ぐ妙案はあるのか?

〜出身家庭を選べない子どもに対し、新しい制度や政策を望む世論が広がるか〜

今日は朝から、9月の一般質問の原稿作成やってました。これから、熊本の建築事務所で打ち合わせです。

さて、昼食時に読んだ、ジャーナリストで大学客員准教授の藤田孝典氏が書いた『貧困世代』の最後の文を読みながら、本文でも紹介されている前作『下流老人ー 1億老後崩壊の衝撃』(朝日新書)のことも含めて、貧困問題には複雑な社会構造が絡んでいると思っていましたが、ますます学ばなければと思います。

(以下、『貧困世代』末尾の文より抜粋)

貧困や格差は意識しないと見えてこないのも事実である。先人の研究者やジャーナリストが、各国で貧困や社会問題を白日のもとにさらしながら、改善を求めたことは歴史が教えてくれる。

これからは、貧困や社会問題を「見える化」することで徐々にではあるが、変化の兆しが出始めていることもある。

子どもの貧困が注目され始めたの2005年から、生活保護受給世帯の子どもが高校に通うことは、10年前まで「健康で文化的な最低限度」のものではなかった。

「貧困の再生産」を絶つために、どんな家庭出身でも教育を受けることを保障しようと合意が得られてきているが、このような制度改善は最近になってからのことである。

政府は、2014年には子どもの貧困対策の推進に関する法律を施行、翌2015年には子どもの学習支援事業などを行う生活困窮自立支援法も施行している。

出身家庭を選べない子どもに対し、機会が平等に提供されないのはよくないという多くの世論が、新しい制度や政策を望み続けている。
(以上、本より)

本には、アメリカ大統領選挙で、民主党候補に最後まで支持を集めた「若者支援を訴えた」バーニー・サンダース氏のことや、2015年イギリスで「大企業の税金のがれ(タックス・ヘブン)取り締まり」等を主張し労働党党首となったジェレミー・コービン氏、さらには、スペインの長期的に失業率と雇用不足で若者が希望を失い続けてきた状況と取り上げています。

貧困世代は、世界的な問題として、若者たちが活発に声を上げ、連携を取り、政治に関与し始めています。今年、日本でも18歳から投票権が得られ、政治への関心が高まってきてはいるが、まだほんの一部に限られています。

政治の関心があるのは、50代以降の世代で、田舎の70代はほぼ9割が投票に行かれます。若い世代は、選挙に行かない、行けない。ブラック企業、ブラックバイト等の労働問題、そこて働く多く若者が大学へ通うために奨学金を借りている。何か矛盾していますが、それが現実です。

長文を最後まで、目を通していただき感謝します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<人の縁>今朝の水神祭りの帰りに、呼び止められた先輩の家に寄り、深い学びを

2016/08/25 00:00
<人の縁>今朝の水神祭りの帰りに、呼び止められた先輩の家に寄り、深い学びを頂きました。

子ども奉納相撲、神事を終えて、帰宅途中にお世話になる年配の方に「お疲れ様でした」と声をかけると「ちょっと寄って行かんね」と呼び止められて、ご自宅まで送り寄って話し始めました。初めは祭りの話題から始まり、水害の話し、次の話題がなんだっかはよく覚えてないのですが、水墨画に話題になり、その先輩の大きな絵がリビングに掛かっていることに気づき、宇土の水墨画仲間の話し、さらに自ら絵の練習について語られ始めました。

旧知の友人の記念の写真を水墨画に、地元神社の絵を描きプレゼントしたり、古い友人である県議夫婦のツーショット絵を描きプレゼント、宇土の観光拠点の風景画、等々、その話題の絵はすべてに関わる人物がおられことでした。

話の中身から、私が以前に会った方や、最近ご縁がてきいろいろとお話ししている方、意外な人のつながりに、人の縁とは不思議なつながりがあり、出会いを大切にしてきた先輩の生き方に、深く感銘を受け、学ばせてもらったように思います。

以前に、熊本日日新聞の論説員で、今春まで熊本近代文学館の館長を務められた井上智重氏から、「人物は地域や専門分野だけでその人を観てはいけない。趣味や親戚関係、パートナーのつながりとかも観察してみると、その人物の多様な面を知ることができる。例えば、宮本武蔵の最期は熊本だが、上司の細川つながりで熊本に。横井小楠と宮崎滔天は関係ないようだが、剣の鍛錬の中で仲間が繋がっていた。坂本龍馬も勝海舟とは、そもそも剣の修行つながりから出会いがあった」と。

井上氏の調査方法は、記者時代から自らの足で稼ぎ、何でもない話題もメモしてきた積み重ね。人物に関わる人たちの生の声を聞くから、ぜんぜん違うつながり“斜線、放物線、引き出し線”の発想が出てくると、常々語られていました。

それこそ、本日の水神祭りに行かなければ水墨画を描いている先輩には会わず、また「お疲れ様でした」と声をかけなければ、水墨画から生まれる人のつながりも知ることがありませんでした。

呼び止められたときは、今後は素直に受けることが大事だなと、別の先輩から言われた「大きな行事の後には、予定を入れず、ゆとりを持って参加すること。誘われたら断らない」を思い出しました。

今日は、夜の祭りの防犯パトロール(夜回り)ですが、その後も予定を入れず、出会いがあれば、流れに乗るのも縁をつなぐ大切なことのように思います。b
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


こだわりを捨て、たまには習慣を楽しむ。〜夏の日常〜

2016/08/24 23:51
こだわりを捨て、たまには習慣を楽しむ。〜夏の日常〜

おはようございます。昨日は一日、朝から事務作業で、午後は建築の打ち合わせ、夕方の畑の草刈り、最後は9月に行われる地区の神社の子ども奉納相撲の打ち合わせ、夏の後半の日常になってきました。

震災から4ヶ月、水害から2ヶ月が過ぎて、家の仕事、建築の仕事が始まります。今週末には、9月議会の一般質問の内容の詰めやらなければなりません。さくじつは、事務作業しながらも、頭の中はメリーゴーランドのように回転してました。

今朝、目覚めて昨日の思考の整理をして、コメントを書き始めました。

昨日の事務作業は、夏にお世話になった方への夏の便り、昨年先輩にお願いした保育施設の設計が、その先輩がやらないということで私に返って来たこと、熊本地震で被災した寺の改修の準備。

夏草や強者どもの夢の跡

かつて、父、祖父、さらに続く先祖たちの血と汗の土地の維持、私のできるのはその管理だけになりましたが、夏の朝夕の草刈りは、中山間地の家を継ぐものの役目なのかもしれません。

この地域の土地の氏神で毎年行われる子ども奉納相撲は、江戸期から続く伝統行事、若い人から見れば、「今の時代に、奉納相撲・・・」かもしれませんが、小さな地域の和やかな楽しみでもあります。

例年の行事、祭りは大切な季節の楽しみです。人それぞれにこだわりがあるのは大事なことですが、たまには慣習(習慣)を受け入れ楽しむゆとりが、地域をつなげることになるように思います。

こだわりとは何か?

幕末の儒家・佐藤一斎の言葉に次の一文があります。

「こだわりを捨てる」

【現代語訳】
何事も、人を真似るのを嫌って真実を見誤ってはいけない。名前にこだわって実質を失ってはならない。偏ったことに執着して、全体を損なうことがあってはならない。

[原文]
凡そ事は似るを嫌って真を誤ること勿れ。名に拘りて実を失うこと勿れ。偏を執って全を害すること勿れ。

今日の午前中は、地元の別の神社のお祭りと子ども奉納相撲に参加します。また、昨日今日は、三百数十年続く伝統の夏祭り「うと地蔵祭り」が開催されていますが、今夜は、子どもの小中学PTA役員時代から続く防犯パトロールに参加します。

夏の数日、こだわり(私的考え)を忘れて、地域の人々と触れ合うことは、心のわだかまりを解く機会かもしれません。今日も熊本は、37°Cの予想ですが、元気に1日を楽しみたいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


熊本地震復興策、各地の復興状況を検証していきたい。〜地域づくりの先輩の言葉「宣伝より実践」〜

2016/08/24 23:44
熊本地震復興策、各地の復興状況を検証していきたい。〜地域づくりの先輩の言葉「宣伝より実践」〜

おはようございます。夏休みも残り1週間ですが、熊本地震の被災地では、本日から2学期が始まった地域もあります。夏休み短縮、震災の影響はまだまだ色濃く残っていると感じます。

復旧から復興への動きが、2学期の始まりを起点としてより進展する気がします。益城町では、全家庭から意見を集めるアンケートを実施すると報じています。どんな意見がまとめられるか、注目します。

一昨日、天草市栖本町で開催された講演会に講師で来られた石川県羽咋市の元市役所職員の高野誠鮮氏は、講演の中で「コンサル等を活用した情報整理、あるいは報告書等を作成したが、過疎の町は増え続け、人口減少を止められなかった。私が関わった神子原地区の地域活性化策は予算60万円でしたが、地区農家の収入倍増、移住者も増え定着したい。どんな情報整理や企画会議よりも、現地の諸事情に合わせた収入増加策、移住定住の実践がなければ改善しない」と市役所職員の経験から厳しい指摘をされました。

私も、10年ほど前に宇土市の環境基本計画策定に参加しましたが、その策定に関わったコンサルの怠慢に激怒し、最初からやり直すよう厳しく意見しました。同様に、財政検証の会議でも似たようのことがあり、やり方を変える提案した経験もあります。

宇土市の環境基本計画策定、財政検証審議会を経験し、市民の意見がどこまで活用されるか、市の体面作りのアンケートや基本計画策定に1500万円〜2000万円の費用を要するコンサル料を払うより、一つの地区をモデルとして地域再建と活性化を実践して見せる方が、より効果は大きいと、高野氏の事例からも影響力は広がると考えます。

国や県の指導(助成金付き)から、体面作りのアンケートや基本計画策定に職員、充て職の市民代表による検討や会議に使うより、現場感覚の再建対策を実施するが効果は大きいし、困難な市民をタイムリーに救うと思います。

高いテーマを掲げるとその事業そのものの完成に力(人的にも)が注がれ、本来の被災者の救済が置き去りにされがちです。大きな事業には、大きな期待(意気込み)も感じるはずです。担当する職員や関係者には、

本質はどこかにあるか?

大きな事業・行事を行うときには、感情を抑え、心を落ち着けて着手し、道理(目的の本質)を、間違えないように、常に初心に戻って実行することが大事と思います。

益城町の全世帯からのアンケートの報道がテレビで流されました。調査とは、本来地道な時間のかかる作業です。震災復興は、短期に調査を済ませ、地区地区に合わせタイムリーに実施されることを願います。

幕末の儒家・佐藤一斎の訓示録『言志四録』に、「凡そ事を為すに、意気を以てするのみの者は、理に於て毎(つね)に障碍あり」と。

高野氏の言葉ではないですが、「企画会議より一つの実践」が行政の仕事の本質と思います。各地の復興策がどんなものか、今後注目していきます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ナポレオンの村>本日は、天草市栖本町まで講演会を聞きにきました。

2016/08/20 16:43
画像

画像


<ナポレオンの村>本日は、天草市栖本町まで講演会を聞きにきました。

今年1月30日に、和水町に来られた石川県羽咋市の元公務員の高野誠鮮(じょうせん)氏です。ローマ法王に羽咋市神子原町産の米を献上したことでテレビドラマにもなったスーパー公務員です。

地方創生のモデルとなっている集落についても関心のあるところです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる