アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

<リニア新幹線疑惑>雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る(小林一茶)

2017/12/11 06:20
<リニア新幹線疑惑>雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る(小林一茶)

リニア新幹線工事の大手ゼネコンの不正が摘発されるようですが、昭和の造船疑獄から始まり、これまで様々な国家プロジェクトには、疑惑、汚職、などダークな部分が隠れているように思います。

また、スーパーコンピューター開発に伴う補助金不正事件、庶民からすれば、わけわからないくらい高いレベル科学開発、あるいは規模が大きすぎて全体像が見えないビッグプロジェクトには、疎いというより知らなくても良い世界のことには関心がない。そんなところで、不正が横行していることは、とても残念な気がします。

そんな世界で思い起こす一句

「雀の子 そこのけそこのけ お馬が通る」(小林一茶)

楽しく遊ぶ雀の子は、大きなお馬が通るときは、脇へ避けなければ踏み潰されてしまう。庶民生活を雀の子、国家プロジェクトを担う大手企業を馬に例えると、地面で遊ぶ雀の子から、馬の背中に乗る輩は見えない。

しかし、雀の子が空へ舞い上がれば、馬の背中に乗る輩は誰なのか一目瞭然。不正とはそんなもので、必ず尾ひれからボロが出る。何度も繰り返される、国家プロジェクトでの不正疑惑では、尻尾切りの役を誰かに担わせて、本当の黒幕がうやむやになるのが常なので、今回は徹底的に摘発をやってほしいと願います。

「雀の子 空高く舞い 馬を見る」

国家プロジェクトは、貴重な税金を使います。庶民が最後まで関心持ち続ければ、全貌解明に近づいていくので、東京地検の捜査に注目したい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<松橋事件再審決定>GDPに貢献しませんが良い判決は社会に光を放つと思う。〜現代と江戸時代〜

2017/11/30 09:35
<松橋事件再審決定>GDPに貢献しませんが良い判決は社会に光を放つと思う。〜現代と江戸時代〜

おはようございます。昨日は相撲界の騒動「日馬富士問題」のニュース一色でした。今日も多分そうでしょう。

熊本では、32年前の殺人事件の再審が決定したことを、新聞一面に掲載しています。時間は長くかかりましたが、本人も支援者も喜ばしいことと思います。

犯人の特定は、科学の発達した現代でも難しいのに、まして江戸時代などは、どんな捜査をしていたのだろうと思います。

新聞の同じ1枚目の下部にコラム『新生面』が毎日掲載されています。記名はありませんが、4人ほどの記者が書いていると聞きましたが、今日は誰の記事かな?と想像しながら読みます。

今日の話題は、松橋事件と熊本藩の6代目細川重賢公の裁判の工夫について書かれています。いわゆる熊本藩の再審制度とも言える穿鑿(せんさく)役なる仕組みで、その事例も紹介されています。

細川重賢公は、裁判制度もですが、罪の償いの仕方も新しい方法を取り入れています。その以前は、テレビの大岡裁きのように、打ち首獄門、遠島、等、罪を犯すとその地域から居なくなる刑罰が多かった。そこで、軽犯罪に対して取った償い方が、「百叩き」の刑でした。
打ち首獄門だと死刑か投獄、遠島だといつ帰れるかわからない。罪を犯すのはだいたい働き手の大人、それが男子だったら農業では、大きな損失となる。そこで考えたのが、百叩きの刑、だったとか。当時、この刑罰の考え方は、その後全国に広がったそうです。

名君と言われる細川重賢公は、再審制度にも、刑の仕組みにも工夫しているところは、素晴らしいと思います。

細川重賢公は、財政再建のため人の人物を抜擢し「宝暦の改革」を断行し、著名な儒家丸山玉山を招き藩校「時習館」の設立に取り組んでいます。やはり、いつの時代もトップは大事だなと思います。

*新聞が黄色っぽく見えるのは、我が家の室内灯が全て電球色の蛍光灯や電球を使っているからです。新聞が古いからではありません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日のうとフットパス協会主催「網津・網引コース・モニターツアー」は小雨でもやります。

2017/11/26 07:37
本日のうとフットパス協会主催「網津・網引コース・モニターツアー」は小雨でもやります。

現在の天気予報は、開催時間までには、曇りになって行きとのこと、しかし、もしものために傘をご用意ください。

カフェ、昼食、棚田米、温泉入浴券、等々準備できました。たくさんの来訪をお待ちしています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


私は変わった(代った)人生を送っているのだろうなと思います。

2017/11/22 22:25
私は変わった(代った)人生を送っているのだろうなと思います。

人生は、予定外の出来事から始まった。進学は、自分の思い(理想)で突き進みますが、実は実力が伴わなければ合格はしません。特に大学進学は、不都合(自分にとって)ばかりでした。

落ち込む時期もありましたが、今はその時期が自らの生き方を決めたように振り返ります。父の道は進まないと思っていたが、建築設計の修行に向かいます。専門学校卒業後、3つの建築事務所を渡り歩き、同時に東京から西の見たい建物は全て視察をしました。その財源を作り出したのは、バブル期の人材不足で求められた、夜のアルバイト(先輩の応援)の収入が支えました。

いざ独立する直前に、バブル経済がはじけて、ゼロ(建築業界はマイナス)成長経済になり、絶不調の開業期になりました。そこで、思案して動き始めたのが市民活動(運動)でした。ところが、この世界にいる人は、多種多様で興味にことかかない。ついついのめり込んで、本業の建築の仕事も疎かになることもありました。

そこで始めたのが、異業種交流会です。自ら出向き、考えを語り、人を集め続ける活動です。初めは同業種(建築分野)から、他業種、異業種と多様な若い人材が出会う場所づくりを継続しています。20年65回を重ねています。

その異業種の出会いから、宇土のサッカーの活性化に関わる若い世代に出会います。それが、現市長元松茂樹氏です。市長選挙の騒動に、新人の元松茂樹候補を支持する縁から市議選に出ることになり、全く知らない未知の世界に飛び込むことになりました。

以来、丸7年が過ぎました。年4回、無欠席で、議会の質問活動(同期は3名のみ)をやって来ました。10年前を考えると、建築士が市議選に出て現職、糾弾の質問でなく、市政改革の質問を続けています。

さて、建築設計の世界に入って35年、市民活動も継続していますし、議会の活動も懸命にやっています。地域の様々な役もやっていますが、一番の私の興味は、宇土市子どもたちで、サッカーを好きな子どもをいかに増やすか、これからサッカー少年・少女たちのさほをやりたいも思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地域おこし協力隊と過疎地域の現実〜人口減少地域の本気度が問われている〜

2017/11/22 10:14
地域おこし協力隊と過疎地域の現実〜人口減少地域の本気度が問われている〜

この記事は、熊本地震で大変な被害を受けた南阿蘇村立野地区を取り上げた記事です。やっと解除はされたが、まだ環境が整わず帰れない、との声を取材している文面ですが、そもそも過疎化の進む中山間を熊本地震が襲った。復旧が遅れれば、時が経過すれば、高齢者の帰還は難しくなる。まして若い世代がUターンするとも思えないのが、現状だろうと推察する。

この状況は、地震の前から過疎化は進行していた。私の周り集落(自治区)も同様で、自宅を新築した頃(20年前)には40軒を超えていたが、現在は27軒になった。昨年の熊本地震で被害を受けた空き家の解体が進み、来年には元敷地には草が生え秋には茂みになることだろう。過疎化は確実に進行している。

この過疎化する地域に若い人を移住させようとしている総務省の取り組みが、「地域おこし協力隊」事業です。3年間の自治体が雇用し地域おこしに取り組んでもらう。雇用経費と活動経費を3年年間は国が支援する。現在の全国の地域おこし協力隊員は5千人を超えたと新聞が報じていた。

田舎で暮らしたい!
田舎で働きたい!

との要求を持つ若者が、過疎地域へ送り込まれている。4年前から地域おこし協力隊の活動を調査しているが、その活用法は千差万別で、なかには「職員不足の臨時職員的な使い方」のところもあれば、先日行った鹿児島県長島町は、都会で培った能力を使った、田舎と都市をつなぐビジネスモデルの実践のために移って来て、与えられた日常業務をこなしつつ、着々と3年後の自らの開業を目指して動いていました。

地域おこし協力隊をよそ者に終わらせるか、ビジネスモデルの実践者にするか、受け入れる自治体、地域の本気度が今後は問われるように思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<経費削減とネット時代へ>テレビからネット放送へシフト「宇土ジュニアサッカー大会」の改革の道すじ。(

2017/11/20 10:37
<経費削減とネット時代へ>テレビからネット放送へシフト「宇土ジュニアサッカー大会」の改革の道すじ。(長文です)

試合の録画やチーム写真の閲覧(ダウンロード)可能にした。

でも一番は、経費削減!

私は、宇土ジュニアサッカー大会の実行委員長をやって6年目になります。今年の大会で16回目を迎えた、県下で唯一のジュニアサッカーの選手権(チャンピオンを決める)の大会として定着して来ました。ハイレベルのために、宇土市内のチームが決勝トーナメントに進出できないので、それが良いかの議論もありましたが、今は理解をしてもらっています。

宇土ジュニアサッカー大会は、もともと、宇土市の西部にあります宇土マリーナで開催していました。「誰もこないから、サッカーの大会でもしてほしい」から、私が主宰していたサッカースクールが中心となり、友人知人のクラブチーム8つで、大会を開催しました。翌年は、24チームに参加してもらい「宇土マリーナカップ・ジュニアサッカー大会」と銘打って開催しました。

これに目をつけた宇土市の商工会のサッカー協会メンバーが、テレビ局と組み始めたのが「宇土マリーナジュニアサッカー大会」で、市から西部地区振興の名目で150万円の補助をもらい、様々な課題を解決しないまま始めてしまいました。

大会を主催しなくてよくなったので、我々のチームは、ゲームに専念でき、2年に一度は、決勝トーナメントに残ることができました。

ところが、6年前に私が宇土市サッカー協会の会長をすることになり、同時に宇土マリーナジュニアサッカー協会の実行委員長になりました。

マリーナジュニアサッカー大会の最大の課題は、テレビ局の放映料を払うために、宇土市内外から寄付金を集めていました。大口の協賛金は、赤い羽根の共同募金から110万円を援助してもらっていましたが、市からの補助金も1/3になり、加えて宇土マリーナに物産館が建設され、サッカー会場となる広場も狭くなり、財政的にも、会場要件にも課題が出て来ていた時期に、実行委員長に就任しました。

私の代に「テレビ→ネットへ移行する」と心に決めて、就任から2年目に、参加チームに宇土マリーナジュニアサッカー大会の問題点についてアンケートを取りました。3年目に内容を説明し、理解してもらい、4年目の一昨年に、会場を宇土市街地の宇土市民グランドへ移しました。さらに、昨年の熊本地震を機に、テレビ→ネット配信へ移行しました。

テレビ局側は、「テレビを止めることはできない」との考えから、最初は高飛車に交渉していましたが、最後に私が「この決定が覆ることはありません。お引き取りください」とお断りしました。

なぜテレビ局が強気の交渉ができたのか、それは「共同募金会からの補助金(110万円)も来なくなりますよ。運営はできますか?」と含みを込めていたのです。共同募金の寄付とテレビ局が繋がっていたのです。テレビを止めたおかげで共同募金会からの110万円の少年スポーツ育成名目の寄付金は無くなりました。

でも、私自身も企業回りをして10万円、5万円の寄付をお願いして回りました。結果は、テレビ放送やっていた時期には、お金はギリギリの運営で、市内の店や個人にも5千円、1万円を市の職員が寄付集めをしていましたが、熊本地震もあり大口(5万円以上)だけの寄付だけ(市からの助成金50万円)でやり、総予算は半分なりましたが、結果はなんと黒字になったのです。そのお金を、ゴールの修理や備品の費用に当てました。14年間できなかっことが、可能になりました。それは、テレビ放送をやめたからです。

関わるスタッフだけでなく、多くの方から、テレビ放送→ネット配信に変えてよかったと、ご支持いただいています。ただ、高齢者の方はテレビなので、不満も有るようですが、背に腹は変えれないので、これからも説明を繰り返していかなければと考えています。

テレビ放送の時代から、ネット放送が活用されるテレビに変化しつつあると思います。

芸能界の動きも、テレビとネットとの共存する時代が来たように思います。

〜以下、LINEニュースより〜

>アイドル評論家の中森明夫さん(57)は「テレビとネット、芸能を含めた一つの大きな革命」とまで評する。「しがらみをしなやかに突破してみせた。社会を映すのではなく、先取るのがアイドル。社会に漂う閉塞(へいそく)感を突破する希望になったのではないか」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<改革は今すぐ始める>ロアッソ降格圏、J2にはとどまれそうだが、情けない結果で、とても残念!

2017/11/20 10:35
<改革は今すぐ始める>ロアッソ降格圏、J2にはとどまれそうだが、情けない結果で、とても残念!

経営・チームスタッフを一新しなければ、この流れは断ち切れないように思います。

一人ひとりの緊張感とやる気、負けないサッカーでは勝てないといことが、今期の最下位が証明した。やはり、“勝つサッカー”に変わらなければ、来年も上昇はない。

それと思うに、監督を途中で更迭して、社長が監督を兼任するようなやり方(保身体質)はやめたが良い。

兎に角、一年間1人の監督に任せる。J2は、一番は人材の育成なのだから、特に選手育成に力量の有るスタッフを揃え、腹をくくって、その若手を鍛えて優勝を目指すような監督を就任させる必要がある。

バスケットボール「Bリーグ」のヴォルターズの運営は、湯ノ上社長とそれを支える熊本の企業家たちの経営側(フロント)、ゲームはベッドコーチに一任する、社長が監督を兼任するようなことはしないことが、成功している要因と思います。

J1のサガン鳥栖のように、市民サポーターが支えるチームが、大物の鹿島でも倒す勇気と行動力を発揮させるようなチームにするには、兎に角勝つことに貪欲に取り組むトップ(フロント、監督)への交代、時間はかかるが若手の育成が(経営的にも)重要と思います。

野球の星野仙一氏のように、無名の若手を鍛えて鍛えて、やる気のある集団に変えることができる監督を起用し、フロントは経営に徹する。負けても負けても、勝ちにこだわる姿勢と若い選手の育成体制の考え方が、サポーターにも伝われば、必ず県民は応援し続けます。

まずは、現在のトップが責任を取り辞任し、経営陣の刷新、チーム内の用心棒的な選手はお引き取りいただき、九州内出身の若手を鍛える体制に切り替える。それも、来期からではない。本日から取り組むべきと思います。

今すぐ改革に取り組めば、必ず来期のロアッソは上昇に転じる。何せ最下位なのだから、頑張るしかない!

プロ野球の星野仙一氏のような監督に来てほしい!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる