アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

うとフットパス連絡協議会主催の「うと街中コース」モニターツアーを開催しました。

2017/03/27 09:39
画像



昨日は、うとフットパス連絡協議会主催の「うと街中コース」モニターツアーを開催しました。宇土市街地の皆さんに「フットパスとは何?」を知ってもらうためにもと、街中コースのお世話人代表の女性が精力的に準備され、32人の参加で、薄曇りの下、宇土市民会館を出発し、市街地の名所や旧跡、景色の良いところなどを巡る、歩く観光のスタイルです。

これまで、宇土市内の西部地域に4コース、3月12日には宇土市内の東部地区の五色山コースのルート確定、さらに市街地のコースに意見を聞く「モニターツアー」を実施したところです。

手づくり縁側
カフェでは、老舗和菓子店から振舞われた伝承お菓子と緑茶をいただきました。

昼食は、宇土城後でお弁当開きをして、記念写真を撮り、最後に宇土市民会館前で、お土産のをお渡しして、解散となりました。

画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ローマ法王が「ポピュリズム(大衆迎合主義)は、視野を広げることを妨げるエゴイストの産物だ」と厳しく批

2017/03/26 23:07
画像


画像


画像


ローマ法王が「ポピュリズム(大衆迎合主義)は、視野を広げることを妨げるエゴイストの産物だ」と厳しく批判した。

熊日論壇で、立命館大の福間教授が、「反知性主義:知的な生き方およびそれを代表するとされる人々に対する憤(いきどお)りと疑惑」については、言い方を変えれば「知的なものや人々への憎悪」と指摘している。

福間教授は、日本も反知性主義と無縁でななく、工学部や経営学などとは異なり、直接的・短期的な実利に直結しない人文知(文学・歴史学・哲学など)への不信感から、人文系学部廃止が取りざたされている?

福間教授は、「今日の先進国の中でみられるのは、反知性主義と知性主義の対立であり、大衆層(の一部)と知識層との分断である」と指摘し、裏を返せば知識層の政治姿勢を問われる社会現象とも思います。

ローマ法王が、ポピュリズムを批判し、連携を呼びかけたのは、世界の知識層の人々が、これから何に取り組む必要があるか、逆に問われることになると、思いました。世界のスーパー知識人たちが、分断されている反知性主義と知性主義の融和と連帯を構築する努力が、今後求められてくるように思います。

*参考資料:熊日新聞3月26日朝刊より引用

画像


画像


画像


画像


画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<日本の幸福度、世界51位>弁舌の達人よりも、誠実な人間を孔子は高く評価した。

2017/03/22 06:40
<日本の幸福度、世界51位>弁舌の達人よりも、誠実な人間を孔子は高く評価した。

おはようございます。3月も残り10日間になり、春眠暁を覚えず、と言われますが本日は目覚め爽やかで、下村湖人著『論語物語』をパラパラと開いています。

〜長文です。お時間あるときにお読みください。〜

日本の思想形成に大きな影響を与えている孔子とはどんな人物か。時代は、中国の古い社会、まだまだ人口も少ない小国家が林立した時代に生きた人物。政治指導者を目指すが、職を得られず、国々を回って徳で国を治める論理を展開するが、世は闘争の時代、受け入れるところはなく、艱難辛苦の旅の末、母国に帰り政治教育を始める。

孔子に付いて学んだ生徒たちが、孔子の言葉を聞いてまとめたのが『論語』となり、様々な研究の末、東アジアを経て日本に伝わっている。

今朝は、弁舌の達者な人物か、そうでない人物か、孔子とは弟子たちの会話から拾った話です。

孔子とは弟子の会話から始まる一文を下村湖人の論語物語から、
(以下、抜粋)

「仲弓(ちゅうきゅう)もこのごろ仁者の列にはいったか知らないが、残念なことには弁舌の才がない」

などと放言した。孔子はこれを聞き逃さず門人に言った。

「なに、弁舌?ーー弁など、どうでもいいではないか」

門人は、ちょっとうろたえたが、しゃあしゃあと答えた。

「でも、あの調子では諸侯を説いてみたところで、相手にされないだろう。惜しいものです」

と、惜しいものです、という言葉に力を入れた。それを聞いて、孔子はニヤニヤしながら、何を答えるか門人たちは待った。少し間を空けて、孔子は目を開きみなを見回して語った。

「口の達者な者は、とかくつまらんことを言い出すものじゃ。出まかせにいろんなことを言っているうちに、けっこう世の中の憎まれ者になるだろう。仲弓が仁者であるかは知らない。しかし彼は口だけは慎んでいるように見受ける。誠実な人間には、口などどうでもいいことじゃ」
(以上、下村湖人著『論語物語』より)

この話の続きは、孔子先生が「仲弓」なる人物を評価した後、仲弓の人物そのもの話から外れ、生まれがどうか、仲弓の父の素行がどうとか、陰口が続いたようです。こんな話は、現代にもありそうなことで、今の国会論争にも、似たような話が出ていることを見て、人間はなかなか成長しないな!、と思います。

〜国の幸福度〜
日本の幸福度は世界51位で、世界1位はノルウェー、上位は北欧諸国が名を連ねています。国家は国民のために何をしているのか、国会議員は国民のために何をしているのか、それは国民一人ひとりの意識の高さ、一人ひとりの人物が何を目指しているのか、汚職の少ない事も評価にあるそうです。
日本は、まだまだ途上国の域を出ていないのかもしれませんね。

今朝は、孔子先生の教えを読んで、自らを省みる日にしなければと思います。本日は、3月議会最終日、退職者との懇親会も予定されていて、一日詰まった日になりそうです。

長文を最後までお読みいただき感謝します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日々の生活に、感謝の心はあるか。生きる実感には、情味が必要では。〜中村天風語録より〜

2017/03/20 08:05
日々の生活に、感謝の心はあるか。生きる実感には、情味が必要では。〜中村天風語録より〜

おはようございます。今朝は、天気が下り坂で、午後は雨になりそうです。春の三連休は、最終日の九州は雨模様になりそうです。

さて、昨日と一昨日は歩くことをやりました。土曜日は大勢で楽しく、日曜日は1人で黙々と何かを考えながら歩きました。案外、一人歩きは自らの言動の反省やこれからの活動計画の構想には、とても有効で、加えて健康にもつながる一石三鳥になる?と思い、時折長距離を歩きます。

数日前から再度読む哲学者の中村天風語録に次の言葉があります。

「活きる事の努力のみに追われて生活の中に情味(じょうみ)というものを味わはないと人生はどんな場合にも真の活きかいというものを感じない」(中村天風語録)

*(注)情味:しみじみと心にしみるような味わい。

また、天風語録は哲学的な難しさはあるのですが、ハッとさせられます。ですが、

「人生はSein(存在)でいけない、Werden(生成)であらねはらなない。すなわち人生の心構えは to be(在る)ではいけない to grow(成る)でなければならぬ。人生というものは、ただ単なる存在としていくのではなく、常恒に生成心がけるべきである」

私は時折、熊本へ夕方からJR三角線を利用することがあるのですが、そこにいつも乗車される白髪の男性がおられます。何度も会うので、挨拶を交わし、たわいのない天気の話とかをするのですが、今で言う発達障害の方ですが、片道1時間以上かけて、私の地元の自動車整備工場に仕事に通われています。若い頃は、自宅ある熊本市東部から自転車で通われていました。いつも気持ち良い挨拶と、ひたむきな仕事ぶりを見て、頭の下がる思いを持っている人は、周りに多いと感じます。

中村天風著『叡智のひびき』の一文から抜群すると、

「金殿玉楼(きんでんぎょくろう)の中にあって暖衣飽食、なおかつ何ら感謝も感激もなく、不平と不満だけどいう憐れな人生に比較して、仮に客観的をは恵まれていない、不幸な人に見える人といえども、一日の仕事を了(終)えて、たとえ乏(とぼ)しい食事でその空腹を満たすときでも、それが自分の尊い労役の花であり、心身を働かした労役の稔(みの)りであると、無限の感謝の気持ちを得ることができる」

とあります。会社に属(存在)し稼ぐことを目的に働くのが多くの思いですが、役割としての労役に懸命に奉仕の心を傾け打ち込み、その対価として報酬をいただくこと、同じ仕事をすることですがが、志の違いは後々雲泥の差となり、人を成長させる生き方(生成)につながります。

列車を待つ数分の間に交わす言葉が、とても優しくこちらも心が温まる思いを持つのは、白髪の男性の生き方からではないかと思います。

私たちは日々の生活に、仕事をできるという感謝の心はあるのか。加えて、中村天風先哲が説かれる生きる実感に情味を感じる間(ま)を持っているか。

三連休の最終日は雨模様なので、そんなことを考える一日にしたいと思います。三連休が皆様にとって、良き休日になることを願います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<天上天下唯我独尊>発達障がい、性同一性障害、さらに身体的障がいも含め、個性とみなすのか。

2017/03/19 10:08
<天上天下唯我独尊>発達障がい、性同一性障害、さらに身体的障がいも含め、個性とみなすのか。

今朝の熊日新聞の記事にあった「性同一性障害2万2千人」を読みながら、国民意識の中に、性同一性障害は心の障害ではなくて、人の個性として捉え始めているように感じます。
2月24日参加した九州ブロック性教育研究大会の研修で、過去10年間に国民の2万人に1人が、性転換の法的手続きが行われたと講師が報告されていた。

「(天は)1人の人間を完ぺきに男女に性別はできない」のだなと、九州ブロック性教育大会の報告を聞きながら気付かされた。顔が異なるように、身体の体型も、考えた方、心も同じ人はいない。

親族の中に、発達障がいの従兄弟が居ることもあり、発達障がいについて色々勉強するようになり、「アスペルガー症候群」の症状を聞き、ハッと気づかされました。
説明の中で、ジュース(症状)の濃さ(程度)を説明に使い、濃いほどアスペルガー症候群の症状が出るが、薄なればなるほど一般の人に近づく、と。

果たして、その一般の人とはどんな人間か。日々の生活から観察するに、
・勉強は好きですが、運動は嫌い。
・ものづくりには興味を示すが、日々の出来事には関心がない。
・仕事はそつなくこなすが、アフターファイブの付き合いはせず、趣味に没頭する。
・計画は出来るが、実行はできない。
・思いつきを即実行するが、継続力がない。
世の中では、その生き方を個性的と表現します。

最近、“個性とは何か”と考えたりします。

身体、心身、一人の人間を見る言葉はさまざまにあります。ブッダは、自らのことを「天上天下唯我独尊」と悟り、唯一無二の人間であり、すべての人々が同様であると、仏教を発案し布教されました。

>天上天下唯我独尊

身体、男女、出身、国籍、宗教、等々、人をそんな縛りで見るのではなく、唯一無二の人間として、自ら望む一生を生きる人間社会、世界になることを願うばかりです。

ちょっと朝から、哲学的になってしまいました。性同一性障害は、人としての生き方(哲学)を持たなければ、理解できない領域で、まだまだ思考が行き着かない分野に思えます。

ぼちぼち、準備して活動開始です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<心を育てる言葉>事を為すには力と勇気と信念が条件だが「調和」を忘れではいけない。〜中村天風〜

2017/03/19 06:43
<心を育てる言葉>事を為すには力と勇気と信念が条件だが「調和」を忘れではいけない。〜中村天風〜

おはようございます。少しばかり昨日のモニターツアーの疲れが足に感じられますが、気持ちはとても爽やかな朝です。
昨日のフットパス・モニターツアーを企画していた1週間ほど前は、当日の天気予想は晴れで気温18度でしたが、実際は曇りで気温も上がらず、なんと終了して1時間後は、小雨まで降ってきました。考えるに、やはり私は雨男で、よく持ってくれたな? と空を見上げるような思いでした。感想はともかく、ケガなく無事に終えれたことを嬉しく思います。

さて、今月のフットパスイベントの連続開催には、県の支援もあり、3月いっぱいに終えないといけないのですが、みなさん協力していただき、どうにか、宇土半島一周50kmロングフットパス、五色山ウオーキング会、住吉海床路コースのモニターツアーが終わり、最後が、うと街中コースのモニターツアーです。春の天気の気まぐれが気になるところですが、関わる方々の満足感を大事に、準備を進めたいと思います。

〜哲学者の中村天風先哲の著書『叡智のひびき』に次の言葉が書かれていました。〜

多くの人の中には、何かの目的の成就(じょうじゅ)に向かって、力も、勇気も、信念も、充分にその心構えの中に申し分のないほどあるのに、一向によい成果を実現しえないという人がある。
そういう人に限り、調和という大切な条件を無視して、だががむしゃら一途に、自己の存在のみをそのすべてとする無軌道な努力をあえて為すのです。
このような人は、自己の存在のみに重きを置いて、自分以外の人のことを重大に考えていないから、知らず知らず、調和を忘れて行動するためだ。

「調和は、相対事物の中にこれ求めるべきではなく、要は、自ら進んで作為すべきものである」
(以上、中村天風著『叡智のひびき』より抜粋)

何事も目的を達成するには、人との関わりを持たなければならない。自らの努力はもちろんですが、支える人との関係、参画する人との関係を常に頭に置き、中村天風氏の語る「調和(バランス)」に気を付けなければと思います。

昨日の午後、モニターツアーの後に、宇土マリーナへお礼のお菓子を会に行く途中、自動車事故の渋滞に巻き込まれ、同じ場所に約30分停車されられました。自分の理由だけでの行動なら、イライラするのでしょうが、「この事故は大事故、この状況を受け入れるしかない」と思うと、気持ちが穏やかになりました。昨日の昼食会場をお借りしたお礼の挨拶が遅くなりましたが、かえって事故の事や道路看板の話とか、後の話題が広がりました。

>調和は、・・自ら進んで作為すべきものである。

の中村天風先哲の言葉を読み、朝から納得していました。今朝は青空なっているので、宇土のイベントにでも参加したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


それぞれが成長し、互いが楽しい人生になるような人間関係に。〜武田信玄の人間観察眼より〜

2017/03/18 06:56
それぞれが成長し、互いが楽しい人生になるような人間関係に。〜武田信玄の人間観察眼より〜

〜長文です。お時間あるときにお読みください。〜

おはようございます。3日ほど前から、ギックリ腰気味で、寝起き、座ってから立ち上がり、車の乗り降りの時、腰の痛みを気にしつつ用心して動いています。少々無理がきてるかな? と反省しています。今朝くらいから、痛みが和らぎつつあるようです。

さて、腰の痛みもあり早く寝んだので、えらく早く目覚めました。腰の痛みが出ることも含め、やはり歳なのでしょう。

今朝の読書から、一文を紹介します。

(以下、童門冬二著『将の器、参謀の器』より)

武田信玄の部下観察眼の分析と使い道

例えば、信玄が合戦の話を4人の若者が聞いていたとします。

@ 口をポカンとあけて私の顔を見ているものは、話の内容がまったくわかっていない。注意散漫で、一人立ちできない。

A うつむいてジッと耳を立てている者は、視線を合わせることなく話だけに集中しようと努力している証拠だ。

B 話し相手の顔を見て、時々頷いたりニコニコ笑ったりするのは、「話はわかります」と相づちを打つのは。社交性を誇示する方に力が注がれている。

C 話の途中で退席する者は、臆病者か、あるいは自分に思い当たるところがあり、いたたまれなくなった証拠だ。

(この4タイプの使い道を、信玄はこう語っている、と本にあります。)

@ 面を犯して直言するような者を脇につけることが必要だ。本人も自分の欠点に気づき、自らを改め、一角の武士に育つはずだ。

A 二番目の若者は、そのままほっておいても立派な武士に育つ。

B あなたの話はよく分かります。おっしゃる通りですという反応を示す者は、将来外交の仕事に向いている。ただ、小利口なので仕事に成功するとすぐにいい気になる欠点がある。

C 育てる者はその人間が素直にその欠点を自ら告白して、気が楽になるようにしてやらなければならない。こういう者に対しては、責めるよりもむしろ温かく包んでやることが必要だ。

信玄は、新しい人間を採用する時にも、
「百点満点の完全な人間を採用するな。人間は少し欠点があった方がいい」
と命じた。また、
「武士で、百人中、九十九人から褒められるような人間にろくなやつではない。それは軽薄な者か、小利口な者か、あるいは腹黒い者である」

・欠点があるからといって、決してその人間を見限らない。
・小さな過ちをとらえて、おまえはもうだめだというような決めつけはしない。
(以上、『将の器、参謀の器』より)

人心の掌握に長けていたと言われる武田信玄を分析した童門冬二氏の解説には、なるほどと思い、現代にも十分通じる人間観察眼は、参考になります。

私自身は、大きな組織で仕事(対価を得る)をしたことがなく、作家できない個人事務所で、3人の建築家に仕えて、仕事を学びました。その最後に勤務した建築事務所で、「藍のあまくさ村」の物産館を設計しました。

一時期、私を含め建築家3人で数年仕事をした経験があります。共同事務所というより、日頃はそれぞれに活動し、いざという時は協力しプロジェクトを仕上げるすたを目指したのですが、数年で上手く行かなくなりました。それは、一人が施主から要求を受けたが、期限に間に合わせることができず、逃げの体質が露呈し、周りが悪影響を受け始め、合同スタイルの設計事務所は解散した。

今は、学生時代から縁があり、「藍のあまくさ村」の設計事務所での、入れ替わりの修行仲間と共同事務所を続けています。もう一人の人間は、建設会社の設計部を転々としていると風の噂で聞きます。仕事のパートナーを見つけるのは、努力も必要ですが、長年の人間関係、それぞれに努力をする者でないと続かないのかもしれません。

本日は、童門冬二氏流の武田信玄の人間観察眼できたが、地域活動や市民運動で出会う方々からも多様な示唆をいただき、とても勉強になっているのですが、その反対の人間にも出会います。

人は人と関わりながらしか生きていけません。ならば、それぞれが成長し、互いが楽しい人生になるような人間関係にしなければと思う今日このごろです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる