アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

『22世紀の文明のあり方』は、「循環」と「共生」〜国の中央環境審議会の議論より〜

2017/08/03 07:29
『22世紀の文明のあり方』は、「循環」と「共生」〜国の中央環境審議会の議論より〜

おはようございます。毎日猛暑日を記録。昨日は熊本は37℃を超えた場所が広がった。いつもの夏とは、違うレベルの猛暑の夏のように思います。

加えて、迷走台風の5号の動きは、九州地方に接近する予想となって来て、3号台風の準備不足から反省し、しっかり強風対策が必要と思います。

さて、今朝は冒頭の言葉から、人類が拡大し続けてきたが地球には限界があり、枯渇する資源に加えて、人類の活動が地球環境に変化を与え、異常気象の原因となり、巨大ハリケーンや台風の被害拡大させています。

(以下、『里海資本論』より)

・・・.かつて、地球がいっぱいになったら、月に行けばいい。月を使い切ったら火星に行けばいい。そんな時代か確かにあった。
「無限」を追い求めていた時代から数十年。
里海研究の先頭を走るひとり、広島大学名誉教授の松田治さんが教えてくれた。国の中央環境審議会では、「22世紀の文明のあり方」を議論しているそうだ。最大の課題として、人口減少と超高齢化社会の到来をあげ、日本という国の経済社会のあり方自体を変えていく必要を説く。(中略)

・・・.長きにわたって続いてきた、現在の貨幣的価値に基づく市場経済の偏重と地球の容量が無限であると思い込みが課題解決のネックとなっていることを指摘し、あらゆる意味で「有限」を認識すべきだとしている。
(以上、『里海資本論』より抜粋)

『里海資本論』の一説に、日本の縄文時代の知恵を尊重して未来を考える、意味の言葉があります。自然=地球は、有限であること、拡大し続けてきた人類は限界にきていること、自然から搾取してきた経済から自然を再生させる経済に変わらなければ行けないこと、『循環」と「共生」がこれからの課題ではないこと思います。

この話題が出たからではないですが、十数年前から使っている私の建築事務所の名前は「環境共生施設研究所」というものです。数年ほど前に名刺交換した他分野の先輩から、「これからの時代に先駆けた名前だね」という言葉をいただきました。
事務所の名前に恥じない活動を心がけたいと思います。

*参考資料:井上恭介・NHK「里海」取材班共著『里海資本論』〜日本社会は「共生の原理」で動く〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


資源の無い国「日本」は、日本の縄文の知恵を学ぶべきではないか?〜“核のゴミをどう廃棄するか?“

2017/07/29 06:15
資源の無い国「日本」は、日本の縄文の知恵を学ぶべきではないか?〜“核のゴミをどう廃棄するか?“から日本の進む道を考える〜

LINEニュースを見ていて、核のゴミを地下に埋めるニュースを思い出しました。

ふと「自然を破壊し続ける人類、すでに自然界の限界に達しているのではないか?」と考え、もう9年前になりますが、アメリカにオバマ大統領が誕生し、政策の中に「グリーンエネルギー」が取り上げられ、再生可能エネルギーの開発発展につながり、偶然に日本にも旧体制から、寄せ集め政権ではあるが、民主党政権が登場してグリーンエネルギーの推進を打ち出した。

私も、グリーンエネルギーに取り組む仲間から、再生可能エネルギーへの対応を迫られ、いくつも太陽光発電設備を設置していました。

6年前、東日本大震災が起き、大津波が福島第一原子力発電所を襲った。昨年は、熊本を大地震が襲った。地震国日本に、原子力発電所が数え切れないくらい存在する。

原子力発電所は、地上では処理できない核のゴミを出し続けている。このゴミをどうするのか?

東日本大震災から、稼働中の原子力発電所のゴミに加え、福島第一原子力発電所の廃炉作業から出る核のゴミと汚染水は膨大な量になっています。

これを何処にどう廃棄するのか?

本日の時事通信のwebニュースに、核のゴミをどう廃棄するのか、方法と場所の話が初めて示されています。

〜以下、時事通信のwebニュースより〜

>>昨年4月に町長が処分場受け入れを「選択肢の一つ」と発言した佐賀県玄海町の大部分のほか、東京都心や大阪府中心部は、地下資源の存在などから「好ましくない」と位置付けた。
(以上、時事通信より)

読み進んでも、何処に埋めるのか決めかねています。・・・、本当に廃棄場所を受け入れるところは出るのだろうか。

2か月ほど前に紹介した『里海資本論』のあとがき部分に次の一節がありました。

「現代文明は危機に瀕している。私たちの世代はなんとかもつだろう。しかしもう20年もすれば、持続はあやしくなる。ありとあらゆる意味で、自然が大変な状況になっている。健全な自然がなければ、人類は存在できない。自然を破壊することは、人類を破壊することと同義だ。今こそ人類は、日本の縄文の知恵を学ぶべきではないか」
「海藻がなくなると、魚もいなくなる。日本では持続可能な自然との付き合い方をしているそうですね。そのやり方を、世界中に広めたいものです」
(以上、『里海資本論』より)

これは、『銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎(上)(下)』の著者、ジャレット・ダイアモンド博士の言葉です。

瀬戸内の漁師は、工業化されて荒れた海の再生に取り組んでいる。広島の中山間地域は、里山の再生に取り組み新たな経済システムを生み出した。どちらも自然との付き合い方を、強制的から共生的な再生型に変えて成功しています。

枯渇する天然資源を使う経済から、再生型に変える取り組みに変えないと、資源の無い国の日本に、未来はないように思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2017/07/25 20:19
画像


画像


<加計学園と前川答弁>少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指して欲しい。〜文藝春秋より〜

本日もニュースは、加計学園の獣医学科認可と阿部首相の関与を詰問する予算委員会は、見るにも耐えない、言い訳合戦を与野党が終始した。

今日も昨日も、平日の予算委員会なので、われわれ一般人は、ゆっくりとテレビを見る暇もなく、ニュースが整理した短い映像を眺めるだけです。世論の形成に、マスメディアは責任は大きいと思います。

そんな中で見つけた文藝春秋の記事の「古巣読売の前川報道を批判する」には、私が疑問を持っていたことに対するヒントを与えてくれた気がしました。

〜以下、文藝春秋の文を転載〜

・・・、そして、「ひとつお願いがあります」と述べたのは、「私たちの職場にも少なからずいるLGBTの当事者、セクシュアル・マイノリティの人たちの理解と支援」だ。最後は、「様々なタイプの少数者の尊厳が重んじられ、多様性が尊重される社会を目指して欲しい」、「気は優しく力持ち、そんな文部科学省をつくってください」と結んでいる。
(以上、『文藝春秋』2017年8月号より)

この言葉は、文部科学省の前事務次官の前川喜平氏が、文部科学省を辞める前に、部下に発した最後のメールだそうです。

さらに読み進むと、前川事務次官の出会い系バーの取材記事と元読売新聞記者の調査も疑問の参考になりました。

文部科学省時代の前川事務次官の政策実績が書かれていました。

・給付型奨学金制度
・発達障がいや外国人の児童生徒のための教職員定数改善
・不登校児童生徒の学校外での学習支援
・義務教育未修了者・中学校形式卒業者などのための就学機会の整備

これは文部科学省時代に、前川氏が一人でやったことではないと思いますが、文部科学省のトップとしてのラストメッセージから醸し出される人間性は、弱者に対する強いリーダーシップを感じました。

あくまでも、『文藝春秋』の記事から考えたことですが、本日の国会の予算委員会の首相の答弁を聞きながら、部下であったはずの前川前事務次官からは、首相に対する信頼感は、臭っつ来ませんが、こればなぜなのでしょうか?

即効性を求める現代政治が、問われているのかれません。1-0型の小選挙区制の弊害を検証する時期にあると思います。

みなさんからご意見をいただければ幸いです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


第64回異業種交流会「四季の会」の夏の会 ご案内

2017/07/24 17:06
第64回異業種交流会「四季の会」の夏の会

日時 2017年8月19日(土)19時〜(受付18時半〜)
会場 熊本市国際交流会館4階第3会議室
講師 幸山政史氏(前熊本市長)
1部 セミナー
2部 懇親会(軽い食事と飲み物・アルコール有り)
参加費 4000円(1部・2部合わせて)

主催 環境共生施設研究所
理事長 野口修一

募集人数 45人(先着順、グループ申し込みで若干増)

問い合わせは、私(野口)までお願います。

申し込みには、氏名、所属、連絡先を明記して、私までDMでお願いいたします。このページに、「参加」表明はご遠慮ください。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一緒に立つことはできても、心を同じくして物事に応じて正しく判断して進むことは難しい。〜論語の訓示〜

2017/07/06 06:19
一緒に立つことはできても、心を同じくして物事に応じて正しく判断して進むことは難しい。〜論語の訓示〜

先日、6年前の東日本大震災のボランティアネットワーク「熊本支援チーム(旧東日本大震災熊本支援チーム)」の活動報告会が開催されました。
昨年の地震被害直後から、若い世代を中心に被災者支援活動を起こし、約半年間、行政の支援が届かない様々な家庭を支えてきました。
東北を支援活動して来た仲間たちは、素晴らしいとつくづく思います。掛け声はあっても行動が伴わない。行動はしたが、継続でない。活動の継続はしても、主義主張が異なり、肝心な時にもめてしまう。よくある話です。

しかし、熊本支援チームは、行動の早さ、奉仕の精神は揺るぎない志でつながり、昨年の地震被害者支援は、経験を活かしたものとなりました。また、支援活動は継続しています。

古い偉人の訓示があります。

(以下、論語より)

子曰わく「與(とも)に共に学ぶべし、未(いま)だ與に道を、適(ゆ)くべからず。與に道を適くべし、未だ與に立つべからず。與に立つべし、未だ與に權(はか)るべからず」

【意味】
先師が言われた「一緒に学ぶことはできても、一緒に相携えて同じ道を行くことは難しい。一緒に道を行くことはできても、しっかりと信念をもって一緒に世に立つことは難しい。一緒に立つことはできても、心を同じくして物事に応じて正しく判断して進むことは難しい」
(以上、仮名論語より転載)

また別の訓示に、以下のものがあります。

子曰わく「知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず」。

【意味】
先師(孔子)が言われた「知者は物事の道理を弁えているので迷わない。仁者は私欲を捨てて天理のままに生きようとするので、心に悩みがない。勇者は意志が強いので何物にも恐れない」

>仁者は私欲を捨てて天理のままに生きようとするので、心に悩みがない。

振り返るに、熊本支援チームは、“私欲なく、とにかく思い立ったら動く!”のが、すごいところだと思います。

近々、熊本支援チームの熟年世代数名で、車座談義をやろうかと企画が進んでいますが、語らせると一人一時間はゆうに語る人ばかり、どんな晩餐になるか、楽しみです。

「五十にして天命を知る」、良き人生にするにも、後半生の生き方は大切だなと、つくづく思います
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


里山資本主義、里海資本論は、アベノミクスに対するアンチテーゼか。

2017/07/04 06:27
画像


画像


画像


画像



里山資本主義、里海資本論は、アベノミクスに対するアンチテーゼか。

〜藻谷浩介+広島取材班、井上恭介+NHK「里海」取材班より〜
(長文です、時間ある時にお読みください)

おはようございます。外は、雨が強くなっています。まだ、風の影響はこれからと思いますが、被害が最小限になることを願うばかりです。

大自然のなせるパワーが台風(サイクロン)ですが、その台風は、年々強さを増しているように感じる事例増えているように思います。

自然に立ち向かう人間の準備は、どこまで準備すればいいのかわかりませんが、“危ない!”と思ったらとにかく、早く安全な場所に避難することが大事と思います。

人間の営みは、自然を制御する方向が目指してきたことを歴史から学びますが、自然災害の猛威はその上を行きます。経済も同じで、でかくなるばかり、成長ばかりを目指すと、資源がない国の日本は、限界があることも知らなければならない。

その成長経済に、小さなメッセージを送ったのが『里山資本主義』なる本で、徐々に広がり再版を重ねて40万部を売っています。本日注目したのが、同じNHK取材班が中心となった『里海資本論』で、宅地化、工業化で汚れた瀬戸内の海をカキ筏(いかだ)が、再生していく話です。

西日本でカキ(牡蠣)の産地は、広島のイメージか広がり、最近の熊本で人気の牡蠣小屋の牡蠣は広島産が多いことはみなさん周知のことですが、その牡蠣が瀬戸内の海の再生に一役かっていることを、『里海資本論』で知りました。

カキ筏による牡蠣の養殖が盛んになり、それまで富栄養化した瀬戸内では、赤潮の大量発生から広がっていました。ところが、カキ筏養殖か広がり、先ず広島近海から赤潮発生が減り、瀬戸内でのカキ筏養殖が盛んになり、赤潮の大量発生が少なつくなった、とありました。貝の浄化能力の凄さを示した調査結果でした。

私の住む有明海は、二枚貝の純国産ハマグリ「ヤマトハマグリ」が生まれ育つ地域で、かつてはアサリ貝の大産地でした。その頃の干潟は、里山と自然農法の田畑農業による栄養の流入が海まで届き、二枚貝の浄化能力により、サラサラの砂浜が広がっていました。

しかし、高度成長期の終わりころから砂浜がヘドロ化して、二枚貝も減りました。しかし、若い漁師たちは、搾取する漁協から、保護育成する有明海の干潟漁協を数年前から試みるようになり、二枚貝の収量が増えてきています。

富栄養化を二枚貝が浄化能力のを発揮させることで、赤潮の発揮を抑え、干潟の再生に貢献できる「里海漁業」の考え方が、これから広がることに期待します。

また、後日紹介したい瀬戸内と綿花の歴史から、瀬戸内の地域活性化の話は、『里海資本論』で検証すると興味を持つ事例となると、これから研究してみたいと思います。瀬戸内地域の海の歴史は、これからの漁業活性化のヒントが、あるように思います。

*参考資料:『里海資本論』、『里山資本主義』

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自分の「分」を見つけて、それに案じて生きている人が意外に光ってくる。〜山崎武也〜

2017/06/25 04:37
自分の「分」を見つけて、それに案じて生きている人が意外に光ってくる。〜山崎武也〜

先般から紹介した本『一流の条件』(山崎武也著)ですが、一番最後の項に一流の条件とは何かがまとめられていました。

一流とは何か?

一人の人間の生活環境は、傍からただ眺めていてはなかなか分からないものがあります。家族に病人がいたり、仕事が苦境にあったり、昨年のように地震や水害があったときに、その後の復旧に、毎週末、あるいは帰宅後に、片付けがつづいていたり、笑顔の裏に様々な苦労が存在しているものです。

自らの立ち位置で見える風景からしか考えない習慣があると、動きの悪人にはいら立ちを感じ、厳しく意見をしたくなるものです。一方的な意見にならないためには、自ら出向き相手の状況を確認することを忘れてはいけない、と思います。

山崎氏の謂う「一流の条件」とはどんなものか、

(以下、『一流の条件』より)

・勝負事の場合、誰にでもツキは回ってくる。自分のペースで着実に努力を重ね、無理なことはしない。自分にチャンスが回ってくるのを待てばよい。

・人にはそれぞれに、その人の立場というものがる。相手がどのような状況に置かれているかをよく考えたうえで、その人に対する言動を律していく。人は常にいろいろな個人的悩みを抱え続けているのだ。

・相手が自分よりも上だと思ったら、とたんに横柄な態度をとる人が多い。そういう人に限って、相手が上であったり、自分のために利用できるとおもったりするとペコペコする。人間は人の世話になって生きている。人を敬う心を忘れるべきではない。

・清濁併せのむ度量が必要とあるが、人の濁は許しても自分の濁は許してはいけない。自分はあくまでも清を貫き通すべきである。

・上の人と対応に話ができるためには、自分の能力や経験に自信がなくてはならない。しかし、それより重要なことは、下の人とも対等に話ができる余裕が必要。さらに、直接の下の人だけでなく、ずっと下の人たちや直接つながりのない下のほうの人たちと、人間と人間の話ができる人は「高品質」な人である。こういう人は信用してよい。
(以上、『一流の条件』より抜粋)

 数日前からお昼のワイド番組で話題の「秘書へ暴言・暴力」ですが、山崎氏の行動理念からかけ離れた振る舞いのように映ります。山崎氏は、末尾にこんな一文を書いています。

「自分の分を見つけて、それに安じて生きている人が意外に光ってくる」

山崎氏のいう「分」とは、何だろうと考えると、世界にはとんでもない優秀な人間がごろごろいる。分を知らない人は、自分の持つテリトリー、「オレは優秀だ」と思った瞬間から、成長が止まる。分を知る人は、自分の能力を理解し常に努力を重ねる人ではないか、と思うようになっています。

山崎氏の言葉から、一流の人間とは、自分の立ち位置に安住せず。自らの実力を謙虚に受け止め、地道努力を続ける人のように思います。やはり、驕りが一番心身にも身辺にも災いを起こすように思います。

*参考資料:山崎武也著『一流の条件』
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる