アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

「アオイソラ ヒロイウミ」、沖縄の地上戦で20万人が命を落とした。〜熊日コラム『新生面』〜

2017/06/23 09:19
画像


画像


画像


「アオイソラ ヒロイウミ」、沖縄の地上戦で20万人が命を落とした。〜熊日コラム『新生面』〜

元沖縄県知事の故太田昌秀氏についての追想を書いたものだか、読み出しからグッと心を捉えた。

山崎豊子さんの取材の言葉だそうですが、今も続く巨大な米軍基地、戦後72年過ぎても苦しみの記憶が癒えない人たちがたくさんいる、とあった。

山崎さんの言葉を取り上げて、記者はこう書いています。

>戦争ですべてを失った沖縄の姿を重ねる。傷つくことなく残ったのは空と海だけだったのかと。

太田氏が生前語った言葉だそうですが
『沖縄戦の経験が私の戦後を左右した」

末尾の「沖縄の痛みを忘れるな」と、ありました。

終戦から72年、若い世代は太平洋戦争は遠い意識かもしれませんが、先日開催された戦死者の遺族会を参加すると、そこは戦後はまだまだ続いていると感じます。私も20歳から、祖母、父、叔母を連れて県の護国神社に参ると、数年前までは戦死した叔父と同じ船に乗って亡くなった方の遺族とお会いすることもありました。

今朝のニュースで、防衛体制の見直しが大きく報じられるのを見て、また紛争が起こるか心配になります。敵味方かかわりなく、戦争は家族に不幸を招くと危機感を持ちます。
私の思いは、太平洋戦争の戦後が、ずっと続いて平和へ向けた外交に努力してほしいと願うばかりです。

*参考資料:本日の熊日コラム『新生面」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


熊日の市民投稿「読者の広場」に、素晴らしいご意見「政治は国民に見本を示して」がありました。

2017/06/21 13:19
画像


熊日の市民投稿「読者の広場」に、素晴らしいご意見がありました。

〜以下、投稿文より抜粋〜

>人それぞれの良心に基づき、支えあい生かしあう日々の暮らしの中に、自然と培われてきた絆社会を支えていると思います。

>政治は見本を示してほしい。支持者だけの絆でなく、そうでない人たちの絆も大事にしてほしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大衆受けする政治スローガンを、地域の歴史文化が修正していくのではないか。

2017/06/21 06:57
大衆受けする政治スローガンを、地域の歴史文化が修正していくのではないか。

大衆受けする言葉で、西欧諸国で一瞬活況した民衆を扇動した政治活動が、時間が経ちその真価が検証され始めた。フランス、イギリス、さらにアメリカもか?

敵対する相手を仮想をに作り攻撃する言葉を連発して民衆を煽り関心を引く手法が大流行りのようです。

それぞれの地域には歴史文化がある。同じ空気の中で生きている民衆の中に仮想の敵を作り出し、政治の対決スローガンが形成され、その演説に聞き入る。

同じ歴史文化て生きている民衆がなぜか、大衆受けする言葉に踊らされるのか?

最近の情報は、あっと言う間に古くなる。次々と新しい発想と製品が世に出される。何か古い歴史文化は忘れられ役に立たないように思いますが、代々受け継がれた文化環境は、その地域の人間のアイデンティティを形成しているので、政治扇動が収まり時間が経つと、ハッと我に帰り地域の歴史文化を思い出すのではないか。

ここ数日紹介する山崎武也著『一流の条件』に次の言葉があります。

〜以下、『一流の条件』より〜

>特異な異文化に接するときは、その文化にも長い年月にわたって積み重ねられた伝統があり、はかり知れない深さがあることを忘れてはならない。しかも、その文化環境で育った人は、自分の文化に大きな誇りをもっている。外部から来た人たちが抵抗を感じ非合理だと思っても、それが文化というものなのだ。
(以上、『一流の条件』より)

周りからすれば非合理だと思える生活は、その地域の歴史文化なのだと思います。ある本に、文化とは"こだわり”と説明する人がいました。家庭の文化は、それぞれに違います。地域もまた隣町とは違う歴史文化があります。

大衆受けする政治スローガンは、地域の歴史文化をベースにしていないものは、いずれ民衆から飽きられるのではないかと考えます。

フランスしかり、イギリスしかり、世界を席巻していたかつての大国が、鎖国的な動きをして良いのか?、歴史文化から考えることが、国の軌道修正をしていく方法なのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


父の歳になって初めて理解する親の考え、〜地区遺族会に参加して〜

2017/06/12 14:16
父の歳になって初めて理解する親の考え、〜地区遺族会に参加して〜

今日は、初めて太平洋戦争で亡くなった遺族会に参加しました。何故参加したかと言いますと、私の父の長兄が太平洋戦争で戦死しています。なので、我が家は遺族の家なのですが、祖父が亡くなり、祖母は100歳まで生きましたが、92歳のとき大病するまで、私が20歳で運転免許を取って以来参拝の送迎しました。

その後は、父とともに参拝し、父が認知症を患い施設に入ってからは、叔母たちと参拝しています。今年の参拝で40回目になります。
地区遺族会の近所の方が熱心に誘われるので初めて参加しましたが、日常からお会いしていましたが、この方も遺族、この男性も遺族なのかと、改めて感じました。

会の冒頭に「なんで参加したか?」を説明し、親父の兄弟3人は海軍で、一番上の兄が戦死、父と叔父の2人は帰国する事ができ、今の私が在ります。

今日参加の方の中には、父の顔を知らない、と、いう方も多く、戦争のむごさをつくづく感じました。

会議の中で、8月15日の県主催の終戦の日の模様しに何人行くかと話し合いがされましたが、これまで毎回出席された方は、体調不良で参加できないと報告されていました。終戦から72年、遺族会も後期高齢者も多くなったと話されていました。

帰宅して昭和の東洋哲学者の安岡正篤先生の訓示録『安岡正篤一日一言』のハ月十五日の言葉は「先考」でした。??

よく読むと、自分の父のことについて、「父の年になって初めて、父が何を考えながら生きていたか、理解できる」と。

安岡正篤先生は、父のことを「考」、「先考」と言われていました。その「考」の意味は、

「亡くなったその父の年になってみると、人の子たるものみなわかることで、なるほど親父はよく考えて、よくやった」、と気づくのだと思います。

戦地で亡くなって、遺族となった子どもは、父の姿も知らない。戦後の混乱期を、父の居ないままに生きて来たことは大変な苦労だったと推察します。
今日の遺族会総会は、懇親会になると普通のカラオケ会になりはしましたが、72年経った現在も亡き父を偲び、共有した苦労話しを語れるのは遺族会しかないのだと思います。

戦争の記憶は遠くなってきましたが、遺族会のご苦労を知る機会として、今後も参加して学ばせていただきたい、と思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<志とは?>幕末の志士たちは「我が身を投げ打つ気魄があった」〜高杉晋作の『獄中手記』より〜

2017/06/12 08:54
<志とは?>幕末の志士たちは「我が身を投げ打つ気魄があった」〜高杉晋作の『獄中手記』より〜

「直言直行、傍若無人、身命をかろんずふあの気魄有ればこそ、国のため深謀遠慮の忠も尽くさるべし」

田中光顕著『維新夜話』に高杉晋作のことを取り上げた文から、

文久二年に起こった品川の英国大使館焼き討ち事件は、高杉晋作の発案で実施され井上馨や久坂玄瑞らが加わっていた。夜半に大使館の木柵を飛び越えて飛び込む同志たちを尻目に、高杉は柵を一本だけノコギリで切り落とし、人間一人がくくれるほどの穴を作った。そして日を放って館内が大騒ぎになる中を戻ってくる仲間たちをその穴から逃がしたと、ありました。

この後、高杉晋作は次のように語ったとありました。

「どんな難局にも必ずのがれみちかある。断じて困らぬという気持ちでやっていけば必ず道が付くから、“困った”という言葉だけは口にしてはいけない」

何事にも諦めない気持ちは大事と仲間に語ったのだと思います。

また、高杉晋作自ら書いた『獄中手記』に書いています。

「僕はたしかに頑固で愚かな人間だから、やることは直言直行で傍若無人である。しかし国のためには深謀遠慮(しんぼうえんりょ)をめくらせているのである。・・・、
けれどもあ、直言直行で、傍若無人で、自分の精神肉体をなげうつ気迫がなければ、どうして国のために先を見越して考え、策をめぐらせるという忠義を尽くすことができるのだ」

要は、国家の存亡を常に考え続けていると、見た目や批評など気にしてはいられない。直言直行、思い立ったら行動する志こそが、活動家に必要要素なのだと思います。

高杉晋作の行動指針を表す言葉があります。
「直言直行、傍若無人、身命をかろんずふあの気魄有ればこそ、国のため深謀遠慮の忠も尽くさるべし」

武士道の根底には、高杉晋作が言うように「いざという時には国のために、我が身を投げ打つ気魄があったということなのだと思います。

*参考資料:笠谷和比古著『武士道 サムライ精神の言葉』
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「おこしき海岸をこよなく愛するカメラマンの会」の方々と語るる、ボランティア活動を楽しんでいると感じま

2017/05/29 09:02
「おこしき海岸をこよなく愛するカメラマンの会」の方々と語ると、ボランティア活動を楽しんでいると感じます。

おはようございます。今朝は、昨日が運動会で学校がお休みで、朝活はお休みです。実は、昨夜はfacebookの「おこしき海岸をこよなく愛するカメラマンの会」のオフ会で、素晴らしい写真たくさん見せていただきました。

宇土市だけでなく、天草や熊本市、出席できない県外からのお仲間からのビデオメッセージ等々、日本の絶景ポイント「おこしき海岸」に暑き情熱を持って集まるアマチュアカメラマンの方々は、温かく、優しい人ばかりです。

私は、初めは携帯のカメラが始まりで、4年半ほど前から、夕陽を撮ったり、昼間の干潟を撮ったりしたものを、facebookにアップして来ました。昨日のオフ会に参加した方々とは、ニアミスをしながら、なかなか会えなかったのですが、地元のアマチュアカメラマンの方が、その熱い思いを持つ人たちをつなぎ、インターネットとというツールの普及、特にスマートフォンが広がり始めて、急速におこしき海岸の写真のアップがブームもなり、干潟を見に来る人右肩上がりに増えていきました。

夕陽と干潟をベストな条件にも5年半前は、多くても20人程度でしたが、2年前は、それが500人以上集まる絶景撮影ポイントとして知られるようになり、北は北海道から南は沖縄、昨年からは韓国、台湾、中国、さらには、アメリカ西海岸からの来訪者も来るようになっています。

市も、地元のアマチュアカメラマンの方を案内人としてお願いしてます。加えて県内の「おこしき海岸をもっと広く知らしめよう」とアマチュアカメラマンのお仲間たちが、綺麗なおこしき海岸の写真をアップして、配信されています。

観光地は、初めは名も知らぬ献身的な市民の方々が、ブームの素を起こし、メディアが反応し、さらに地元が本腰を入れて動き始めるような気がします。

現代は、目立ちたがり屋の時代、という人がいます。俺が、俺が、が多すぎる。しかし、司馬遼太郎氏の著書の中で「事がまとまる(動き出す)7〜8割までが、大変で、その頃になると目立ちたがり屋が、お立ち台に上がってやる仕事をしたがりに集まって来る。そんな時は、したい人にやらせて、その様子を見物しておくくらいがいい」とも語っています。

最近まで関心も寄せなかった地元の人が、報道が増えてくると、お立ち台に上がる事をををやりだす。逆に、それだけ注目されて来たと知る事ができます。

コツコツと、眺望をよくするために竹藪を手作業で切り続けた人、道々のゴミ拾い、雑草の草刈り、さらに増え続ける鑑賞者の車を誘導する人、臨時駐車場で交通整理を買って出る人、そんな献身的な有志が、名もなき観光地を知られる観光地に変えていくのかもしれないと、昨夜のオフ会で思いました。

江戸末期の儒家・佐藤一斎の訓示録『言志四録』に、次の言葉があります。

「真の功名は、道徳心便(すなわ)ち是れなり。真の利害は、義理便ち是れなり」

【現代語訳】
真の功績とか名誉というものは、道徳を実感した結果自然に得られるものである。本当の利害というものは、義理を行うか行わないかによって得られるものである。
(以上、『佐藤一斎一日一言』より)

アメリカの文化人類学者の故マーガレット・ミードさんが、「社会を変えてきたのは、考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた、献身的な市民の小さなグループ」の意味の事を語っています。昨日の「おこしき海岸をこよなく愛するカメラマンの会」の方々と語ると、ボランティア活動を楽しんでいると感じられ、私人も心豊かになった気がします。

これから夏は、おこしき海岸の鑑賞もシーズンオフに少しはなりますが、昨日の除草作業、枝落とし作業は、何度かやらないといけない、とお話ししたところです。いつか、日本に「おこしき海岸」ありと言われるようなカメラマンの集まる聖地になる事を願い、下手な写真をアップしていきたいと思います。

*写真は、「おこしき海岸をこよなく愛するカメラマンの会」のメンバーからいただいたものです。(一部、私の携帯カメラで撮影しました)

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<加計学園疑惑>「行政の在り方がゆがめられた」爆弾発言に与野党が動揺している。

2017/05/26 09:00
画像


<加計学園疑惑>「行政の在り方がゆがめられた」爆弾発言に与野党が動揺している。

昨日からの国政の報道は、加計文章存在を明言した文部科学省の前事務次官の発言に集中している。

昨日に取り上げた水俣病問題の進展の無い状況を打開するのは、「猶興(ゆうこう)の士」の登場が必要との安岡正篤先哲の言葉。

〜以下、安岡正篤語録より〜

>世の中が悪くなればなるほど優れた指導者を必要とする。放っておけば容易に独裁者や少数専制者の跳梁するところとなるからだ。ところで優れた指導者が出るには、慨然として独りみずから行ずる人が必要だ。孟子に「文王無しと雖も猶興る」猶興(ゆうこう)の士となることである。(引用、安岡正篤語録より)

阿部首相1強の自民党と揶揄される実態、一番困惑しているのは自民党の先生方ではないのか?

高支持率の内に、総選挙があれば良かったが、いろいろな野党の突っ込みネタが、ポロポロと綻びを見せている。やはり、人間の生業は、いにしえの時代から変わらないな、と思います。

いわゆる権力にすり寄る族(やから)の存在です。地方社会の小さな団体にも起こりうることが、政府レベルでも一度で終わらす、二度も起こるのだな、と知らされます。

これからの政府対応次第では、第二の森友学園騒動になると危惧します。

>放っておけば容易に独裁者や少数専制者の跳梁するところとなるからだ。

権力が集中するほど、私利私欲を求める族がすり寄る“ゆがみ”が起こるので、権利者は自らを監視する目が必要と思います。

同級生の子供が、獣医を目指して、そうとう苦労して獣医師の資格を取っこともあり、今後の加計問題には、注目していきたいと思います。

画像


画像


画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる