アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

<晩年に成功を収めるには>資本金ゼロ、かけひきへたの三国志の劉備が成功した訳は、“人間的魅力”

2017/02/22 06:49
<晩年に成功を収めるには>資本金ゼロ、商売のかけひきがへたな、三国志の英雄・劉備が成功した訳は、“人間的魅力”だった。

おはようございます。今日から天候がぐずれそうで、寒波も合わせて日本列島が荒れるのか? ウオーキングは、お休みです。

昨日のダボス会議「人生100年時代」

人生100年なら、何歳まで働かないといけないか?→80才まで働く必要がある。

士(サムライ)商売と言われる、いわゆる資格の職能は、一生使える技能でもありますが、それは健康であることが条件にあります。

冒頭の三国志の国「蜀」の創業者・劉備は、裸一貫で大国「魏」と戦い、初めは苦しい状況から、諸葛孔明、関羽、張飛などの人材を得て、徐々に力を付け、魏と対峙し存立できるまでになった。

劉備の成長には、若い人にでも頭を下げ、協力を求める謙虚な姿勢があり、思いやりと信頼をおける、懐の広さがあった。多彩な分野の人材とのつながり(コミュケーション)に力を入れていた。

ダボス会議の中で、英国の女性教授が、学生に言うことがある「貴方は、私の歳になり億万長者なる人がいるかもしれないが、人生で大事なのは、生涯の友がいるかどうか」と語っていた。

100歳を生きるには、社会変化の中で、人は成長はもちろんですが、変化(転職、転身)が必要になる。その変化を支えるのは多彩な分野の人材とつながっているか、が必要だと。

人間に与えられた時間は同じ24時間。この時間を、若い時から、知識・スキルアップに努め、自らの健康維持に努め、多様な分野の人材と交流するには、「時間の使い道」に工夫が必要ということ。

さらに、晩年の生活は、地域とのコミュニケーションが成り立たなければ、孤立化する。60歳からの晩年を、「老後」と見るのではなく、人生100年では、まだ現役、変化してさらに活躍(地域に役立つ)する場を求めることが大事で、それが、認知症予防にもつながり、自らの人生を豊かにする、ダボス会議の中での話にあった。

当時は人生50年だった時代、国の総大将である劉備は47歳の時、知能抜群ではあれまだ知名度無い諸葛孔明の粗末な家に三度足を運び(「三顧の礼」)協力を求めた。人生を変えるのは友(人材)であることを、歴史から学びます。

現役(20〜60歳)に得た名声にばかりこだわっていては、豊かな晩年は無い。劉備のように、若い世代とも、異分野の人材とも、趣味や地域の人とも、気軽に交流することが、変化できる人生につながるのではないかと思います。

*参考資料:守屋洋著『三国志の人物学』

画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ケネディの遺言より>若さとは、倒れてもカムバッグできる意志の強さ。6年前のコメントです。

2017/02/20 00:15
<ケネディの遺言より>若さとは、倒れてもカムバッグできる意志の強さ。6年前のコメントです。

〜(2011/11/17、野口修一の公式ブログより)〜

 今日の会話から、「青春とはな何か?」と話が出た。かつてアメリカ大統領選挙に暗殺されたジョンFケネディ大統領の意志を継ぎ、弟のロバート・ケネディが出馬を決意し、全国遊説をする中で若者によく語ったのが、「若さ(青春)とは」だった。

(要旨は)
゛失敗するのはかまわない。問題はその後だ。若さのある人間は必ずその失敗をはじき返し、カム・バッグすることができる゛ と。
彼の言う若さとは年齢的な若さではない。
「若さとは人生における一定の期間ではなく、心の状態である。それは意志の強さであり、創造力のたくましさであり、勇気であり、快楽よりも冒険を愛する心……そしてきのうの失敗を今日の惨めさの口実にしない弾力性だ」。
この若さを持った人間だけが、これからの世界を変えることができる、とロバート・ケネディは信じていた。なぜなら゛未来は与えられるものではなく勝ち獲るもの゛であるからだ。(略)

 引用が長くなりました。要は、日本の諺にたとえば、七転び八起き、の意味と思います。人間、あきらめない限り、夢は叶う、とロバート・ケネディは、わかいボランティアたちに何度も語った。しかし、皮肉にも、ロバート・ケネディも、凶弾に倒れた。
 ケネディ兄弟の残した多くのメッセージは、今でも語り継がれて、若者たちの行動の支えとなっています。若さ、青春と言う言葉を常に心に秘めて、前向きに生き続けなければならないと思います。

*参考資料:落合信彦著『ケネディからの伝言』
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<人材登用の奥深さ>本物の人格者「婁(ろう)公は成徳なり。われ容(い)るるところとなること久し」

2017/02/19 06:26
<人材登用の奥深さ>本物の人格者「婁(ろう)公は成徳なり。われ容(い)るるところとなること久し」

唐の則天武后は残虐な女性として悪名高いが、一面では、よく人材を登用しその能力を発揮させた。その例を一つ。

狄仁傑(てきじんけつ)という剛直な宰相がいた。彼は温厚で知られる婁師徳(ろうしとく)とそりが合わず、ことごとく婁師徳を非難した。ところがあるとき、則天武后が狄仁傑に言った。
「わたしが、そなたを重く用いているのは、婁師徳を推薦があったからなのですよ」
狄仁傑は御前を退出してから、思わず感嘆の声をもらした。
「婁師徳を人格は本物だ。知らぬまに、ずっとかれの懐に包まれていたとは・・・」

人のためになることをするときは、「してやる」という考えを捨て、反対給付も期待せず、自分の喜びか物好きのつもりでやったほうがいい。それならお返しがなくても腹も立てずにすむ。
(以上、『十八史略』より引用)

よく耳にする「わたしが、世話してやった」「この仕事は、わたしの提言による」と自慢する声を聞きます。しかし、やっていないことは、後々本当の中身が分かったら、自慢した人格をかき消してしまいます。

実績を誇るべきか、人に知られるまで待つか。

短い人生の中で、成功者と言われる人たちの生き様は、後々まで語られるか、そうでないかは、狄仁傑と婁師徳の違いなのかもしれません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<禍も福も口から>今朝のウオーキング中に、口腔内の病気「歯周病は、様々な病の原因に・・・」

2017/02/15 09:39
<禍も福も口から>今朝のウオーキング中に、口腔内の病気「歯周病は、様々な病の原因に・・・」

早朝のウオーキング中に毎回聞く、NHKラジオの医療の話で、今朝は「歯周病が引き起こす病気について」で、

歯周病の歯一本周りの出血部分を全部集めると、手のひらくらいの傷に相当するくらい傷だそうで、この歯周病の傷部分から、口腔内の700種類以上の存在する菌が体内へ進入することになるから、ひどい時は、早産を引き起こすこともあります。

これを聞いて、病は口から入ると言いますが、気をつけなければと思いました。

病は口から入る。

禍は口(悪口・誹謗中傷)から出る。

しかし、幸せを呼ぶのもまた、口なのだと思います。

人の口、人生においてとても大切だなと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<田舎消滅>今の熊本の現状はどうなのか?

2017/02/14 22:16
<田舎消滅>今の熊本の現状はどうなのか?

熊本都市圏の人口は100万人、福岡に次ぐ都市集中型の県都と思います。

その熊本市街地の活気ばかり見ていては、阿蘇、上益城、人吉・球磨、水俣・芦北、天草の人口減少を、知らずに過ごしてしまう。さらに急速に高齢化の進む、荒尾・大牟田の旧炭鉱町は、税収が右肩下りで、旧産業革命地帯型の少子高齢化が、顕著に出ている。

・九州平成義塾塾
25年前、九州7県の新聞社が共同して、夏に地域リーダー250人を一同に集め、2泊3日のセミナーが始まった。私は、送迎バス(第2回から主催が用意)無し、参加費3万円、大分市まで自費で出向く、「九州平成義塾」に、大きな決断(事務所開設間もない)して飛び込んだ。

見も知らない方ばかり、肥後銀行の方がお世話をされて、2日目の熊本県人の交流会が催された。それに参加したことで、今の私があるように思います。以来、様々な無料セミナー、大学の公開講座に参加しながら、人の縁が繋がっていきました。

・地元生まれが苦労する社会
私の平成義塾塾の仲間は、熊本でも田舎が多い。東京育ち、海外留学経験者などはほとんどいません。熊本都市圏以外で、とても苦しい家業を営みながらも、まちづくり、地域活性化、産業おこしに奔走している方ばかりです。

イベントや大都会へ“熊本売り”に関係なく、高齢者の見守り、消防団活動、商工会青年部、等々・・・。

そこへ、熊本地震が来た!

売れっ子企業に力を入れる(小泉政権型政策)

デフレ経済脱却型(アベノミクス形政策)

かつて、高度成長期(人口増加時期)なら、なんでも売れました。為替レートも保護されていた。今は、TPP、FTAのグローバル経済、高賃金になった日本、都市集中は明白の事実です。

これからの政治は、伸びる都市よりも、田舎(過疎地)に力を注がないと、地方に人材供給している田舎がなくなれば、地方都市自体が役割を終えます。

格差は、「九州平成義塾」が始まったきっかけとなった地方最大の問題です。24年経っても、国も県も何もやってこなかった。熊本地震は、それに拍車をかけています。イベント(くまモン含め)ではなく、政治を実行してほしいと願います。

宣伝に1億円かけるより、地方の有能な若者の教育に一人10万円支援してほしい!

経済成長は、2/3は人口増加、1/3が経済的要因。
*経済的要因は、外交、賃金、戦争、リノベーション、人口増加、等々が大きく影響する。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<人生は出会い>みんなに支えてもらって、私の今がある。つくづく、そう思います。

2017/02/13 23:33
<人生は出会い>みんなに支えてもらって、私の今がある。つくづく、そう思います。

本日、五ヶ瀬から帰る車の中で、私の前を走る福岡市南部からの若い参加者の事を思いながら、私も30代、40代は、県内だけでなく、九州の縁ある方からのお誘い、東京でしか聞けないセミナーが九州内であるときは、貧乏時代は高速を使わず鹿児島、長崎、大分と出向き、日本を代表する方々の話を聞きに出かけていました。いま思えば、体力あったな!

いろいろな分野の方に出会いました。全部とつながっているわけではありません。

人には3人の友が要る。

1.人生を導くし師匠。
2.常々進む方向を相談する辛口(苦言)の友。
3.しっかり個性を持ちながらも、だが私が落ち込んだときは、バカ騒ぎも付き合う仲間。

家族も含め、親族も含め、支えてもらっていると思います。ここ数日にも、ネットて出会った方から、「コメント見てるよ」と、顔を合わせた時、声かけてもらい、ジーン、となったり。

先週大きな新年会て、昔馴染みの主催スタッフから、「○○会は辞めた、すみませんね」と。「気遣ってもらい、実は私はその前に辞めてます」と語ると、苦労した昔話しがてました。

今夜の車の中で思い出した出会い等々。

中学同級生、高校同級生、専門学校同級生、YMCAサッカークラブ、宇土高校OBサッカークラブ、建築修行時代の仲間、独立の苦労時代、事務所周りのご家族、建築オーナーの方々、市民活動の駆け出し時代、くまもと地球市民塾、九州平成義塾、異業種交流会「四季の会」の準備、同業種交流会「環境建築塾」、宇土市PTA活動、住吉ギッズサッカー教室、熊本県ギッズサッカー協議会、生活安全パトロール隊、住吉地域学教室、車椅子街角探検隊、子育てシンポジウムin宇土、熊本横井小楠塾、熊本大学非常勤講師、NPO法人フューチャー500、北京交際シンポジウム、熊本県つばさの会、不知火龍馬会、全国龍馬社中、SOトーチランin宇土、宇土市サッカー協会、宇土市民マニフェスト2010、ユニセフ熊本、オハイエ熊本、市議選挑戦、網津振興会、東日本大震災熊本支援チーム、グリーンツーリズム、うとフットパス協会、軽トラ市実行委員会、・・・、(たくさん、たくさんのご縁)感謝です!

そして本日の「まちエネ大学」の出会い。これからも人に感謝するとともに、新たな人との出会いを楽しみに、時間を見つけたは、新しい情報(人)を仕入れに活動したいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ポスト・トルース>SNS時代、「そういうことは記憶にございません」が平気で言える面の皮があるか?

2017/02/12 11:40
画像



<ポスト・トルース>SNS時代、「そういうことは記憶にございません」が平気で言える面の皮があるか?

今日の熊日論壇、同志社大の浜矩子教授のコラムに、最近(アメリカで)はやる二つの妙な言葉が「ポスト・事実」、「代用事実」です、と。

post truth(ポスト・トルース):「ポスト・事実」
olterntiv fact(オルタナティブ・ファクト):「代用事実」

「ポスト・事実」(ポスト・トルース)の言葉は、

オバマ大統領はオサマビン・ラディンの親戚だとか、諸悪の根源は移民たちの存在だとか。
→ 「自分はこれを信じたい。だから、これを信じる。だから、これは真実だ」

???、意味不明の納得。と、浜教授が解説する。

「代用事実」(オルタナティブ・ファクト)の言葉は、

大統領就任式の参加者の数が、報道と大統領側の差があまりにもあった時に、ホワイトハウス報道官のショーン・スペンサー氏が、「彼はオルタナティブ・ファクトを示しただけだ」と答えた。要は、不都合な事実に対しては、代用事実をもって対応する。

何か、何でもあり、何でもしていい、の政治になってはいけないと思うのですが。

浜教授がさらに関連する歴史上の言葉は「否定可能な否定」だそうですが、これは後から否定できる虚偽(ウソ)を指す。例えば良くないですが、

「そういうことは記憶にございません」

の類だそうです。最近は、SNS時代なので、発言を遡ることができる。私の今朝のコメント「唐代の悪宰相の言動が、庶民には聞こえない部分がある」ですが、現代のネット社会では、代用真実、ポスト真実は、長く続けるには、そうとう厚い面の皮がないことには続けることは難しいのではと思います。

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる