アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

孫文の書「博愛行仁」「天下為公」の思いとは〜宮崎兄弟生家記念館にて〜

2018/05/21 08:51
孫文の書「博愛行仁」「天下為公」の思いとは

博愛、行仁

天下、為公

孔子の教え「仁」は、相手を思いやる、相手を大事にする、相手を尊敬する。その仁を実行すること。
「 博愛」は、多くの人、社会の中で厳しい境遇にある人を助ける、愛する、支援する、等々。

為公

公のために何をすべきか?

社会の改善に努めていますか?

かつてのソ連の社会主義は、公のため平等を主義にしながら、特権階級を形成した。

社会改革の名の下に、真の公に為すことを忘れたことが、ソ連崩壊を招いた。

これからの社会はどこを目指すべきか?

天下為公

孫文の目指した民衆の幸福追求には、何を為すべきか?

国民一人ひとりが考えることが必要なのだと思います。

世界最大の財政悪化を辿る日本

民衆の声を聞いてばかりでも、良い政治はできないのではないか?

天下為公

いつの世にも問われる政治理念と思います。

*写真は、昨日研修で訪れた、宮崎兄弟生家記念館の対談を再現した人形
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


次に起こる戦争は、勝利に終わるのではなく、相互の全滅に終わる。(バードランド・ラッセル)

2018/05/01 06:32
次に起こる戦争は、勝利に終わるのではなく、相互の全滅に終わる。(バードランド・ラッセル)

朝の読書は、デール・カーネギーの奥さんが編集した『カーネギー 名言集』ですが。その中に、ノーベル文学賞受賞者のバードランド・ラッセルの言葉を見つけました。

(以下、『カーネギー 名言集』より転載)

幸福になる秘訣は、なるべく多方面に関心を持つこと。そして自分が関心を持つ人物や事物に対しては、なるべく腹立たしい気持ちを示さずに、できるだけ親しい気持ちで接することだ。〜バードランド・ラッセル〜

バードランド・ラッセル伯爵の名言がたくさんあるようです。(以下、ネット告知記事より)

あなたが何を信じようと、慎みを忘れてはいけない。

愛を受け取る人間は、愛を与える者である。

道徳は、つねに変化している。

私は両親の愛にまさる偉大な愛を知らない。
(以上、バードランド・ラッセルの情報より)

様々に示唆のある言葉が続きます。そして未来を予測する「戦争の悲劇」について、

「次に起こる戦争は、勝利に終わるのではなく、相互の全滅に終わる。」

昨年から一変して、平昌五輪を機会として、朝鮮半島の南北融和が進展しつつあるように見えますが、果たして結果はどうか、注目しています。日本にも多大なる影響を与える東アジアの北朝鮮の動向、さらに米朝関係は、安倍政権の存在意義、政策の方向性にも大きく影響を与えることは間違いありません。

今回の南北対話、近々ある米朝会談に期待するところです。

*参考データ
バードランド・ラッセル伯爵(1872年5月18日 - 1970年2月2日)は、 イギリスの哲学者、論理学者、数学者であり、社会批評家、政治活動家。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


世の中にはこんなにも違う人や社会が存在するのか、と思うと感動するんですね。〜曽野綾子〜

2018/04/21 06:24
世の中にはこんなにも違う人や社会が存在するのか、と思うと感動するんですね。〜曽野綾子〜

「あいつは変わり者」とよく耳にします。

実は私自身も、人(周り)からすれば変わり者かもしれないな、と思ったりします。

日本社会は、8割強が、いわゆるサラリーマン(勤め人)です。戦後すぐは、6割近い人が、自営業でしたが、今は勤め人ばかりになった。

そんな時代に、自営業をやっているのは、田舎でも少なくなってきたんですね。妻に言わせると「あなたは自営業ではなくて、自由業と冷やかします」が、その分、様々に世間からは批評されているのだと思っています。

毎回の曽野綾子の著書に、以下の言葉がありました。

(以下、曽野綾子著『思い通りにならないから、人生は面白い』より)

私も子供の頃は、どちらかと言うと相手と似ていることがいいことと思っていました。
しかし、年をとるにつれて、人間は違っていて、いろいろと異なった考え方がある方が面白いと思えて来たのです。良いとか悪いとかの問題ではなく、世の中にはこんなにも違う人や社会が存在するのか、と思うと感動するんですね。
(以上、本より転載)

金子みすゞの詩に「みんな違っていい」の言葉があります。世間というものは、人間はみんな同じ考えのように批評する風潮があるのですが、人の凄さは「多様性」にあるのでは?と思っています。

画一された教育、画一された社会から、新規性のある発想や発明は生まれない。多様な学び、他分野との出会い、異なる社会構造のぶつかり合い、それこそ「文明の衝突」から次の文明が生まれるのではないか?

世の中には、こんなにも違う人や考えがあるのが普通と思えることこそ、次世代に夢を与えると思っています。

「みんな違っていい」

そんな時代なることを、楽しみにしています。

*参考資料:曽野綾子著『思い通りにならないから、面白い』
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


普段(平常時)から、危機(有事)の事を考えておくことは必要〜「絆(きずな)」とは何か?〜

2018/04/18 06:09
普段(平常時)から、危機(有事)の事を考えておくことは必要〜「絆(きずな)」とは何か?〜

おはようございます。

曽野綾子さんの著書『思い通りにいかないから、人生は面白い』に、下の言葉を見つけました。

(以下、本より)

ほんとうの「絆(きずな)」は命と引き換えである。

要するに、自分にとって頼りがいのある人との関係を持つことが絆ではありません。むしろ、苦しむ相手を励まし、労働によって相手を助け、金銭的な援助さえもすることが絆だと思います。
私は、「絆とは、相手のために傷つき、血を流し、時には相手のために死ぬことだ」と教えられました。(中略)
(以上、本より転載)

東日本大震災の直後、私は、若い仲間たちと被災地を支援する「東日本大震災熊本支援チーム」を結成し、支援物資とボランティアを被災地へ送った。私も、震災から3週間後の4月4日〜8日にかけ、福島県相馬市から岩手県陸前高田市に、私たちが送り込んだボランティアたちの活動状況の把握と、私自身も半日でしたが物資の運び出しを手伝いました。

4月5日の夜は、石巻市の専修大学キャンパスで車中泊中に大きな余震で目が覚め、4月6日は、現地視察を終えて相馬市に戻り、就寝前の11時40分ごろに、東日本大震災後の最大の余震、震度6強(私の宿泊場所は震度6弱)を体験した。

250人以上が、寝泊まりする体育館が、その余震と津波警報がテレビニュースで流れ、アリーナ内は騒然となった。その放送が流れたら、数名が「◯◯が心配」と車で飛び出した。後で聞くと、「海岸近くの自宅にいた人が心配」と友人を見に行かれたそうです。

あの津波を経験したからこその行動とは思いますが、逆に、津波は怖くないのか、尋ねたくなりました。(その時の津波は、1m以下の高さだったようです)

(以下、本より)
・・・、テレビゲームのようなバーチャルな世界で一人遊びをすることを許された社会で育ち、薄っぺらい人生だけしか見てこなかった人間は、生身の濃厚な人間関係など、どう扱っていいかわからない。(中略)
しかし、今晩から寝るところ、着るもの、食べるもののあてもないほど困った時に助けてくれるのは、経済的に余裕のある人でも権力者でもなく、苦しみと悲しみを知っている身近な人なのです。
(以上、本より転載)

私が宿泊させていただきました相馬市の中学校体育館でリーダー役をやられていた教師は、「福島第一原発から5キロ圏内なので、職場には帰れず、自宅も津波で無くなり、地元の中学校体育館で避難生活をしているので、なるべく過ごしやすい避難所にするため、活動している」と。また、「東北の復興は20年以上、もっと時間がかかる、一世代とも言われる。私の子どもは中学生、この地域の復興を支えていくのは、私たちが担うのは当たり前ですが、ほんとうの復興を支えていくのはむしろ子どもたちの世代なので、我々が頑張る姿を示さなければ・・・」と強い思いを語られたことを思い出します。

東日本大震災から丸7年、まだ仮設住宅にお住いの方も多い、特に帰宅困難区域の方々は、自宅の再建もできない。

>あてもないほど困った時に助けてくれるのは、経済的に余裕のある人でも権力者でもなく、苦しみと悲しみを知っている身近な人なのです。

「絆」とは何か?

曽野綾子の本から、普段(平常時)から、危機(有事)の事を考えておくことは必要な、人生の知恵であり、人間関係(絆)の大切さ、なのだと思いました。

朝から長々と書きました。朝の散歩を休んだ時は、文が長くなります。(笑)

今日も元気に過ごしましょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<注目>マイクロプラスチック、マイクロピーズ、綺麗に見える海の微細プラスチックゴミ問題

2018/04/09 09:05
<注目>マイクロプラスチック、マイクロピーズ、綺麗に見える海の微細プラスチックゴミ問題

ワールドニュースを見ていて「マイクロピーズのゴミ」の海の汚染は、歯磨き、洗顔、洗浄剤の中にあり、歯磨きのチューブに数万個?

なんの話か?

ネットで検索すると、NHKの「クローズアップ現代+」で、すでに特集が放送されていました。

(以下、NHKの番組の整理から)

>>「海はきれいなんですけど、(網を)引いてみたらわりと入ってくる。
それは想像を超えていて、桁1つ違うというのはなかなかびっくりしました。」〜九州大学 磯辺篤彦教授〜

>>中国、インドネシア、フィリピンなど、アジアの国々から大量のごみが海へと流出。
それが粉々になりながら日本近海へと流れてきていると見ています。

「人口が多く、廃棄物管理のインフラが整備されていないアジアの国々は多くのゴミを出すため、日本の周辺は密度が高いのです。」〜NGO 5ジャイアズ 代表 マーカス・エリクセンさん〜

>>汚れを取るため洗顔剤などに含まれている青い粒、マイクロビーズです。

大きさは僅か0.1ミリ。
チューブ1本に数万個入っているといわれています。

「世界各地の下水処理システムは、大量のマイクロビーズをすべて捕らえることができません。
その結果マイクロビーズが“海のスモッグ”となっているのです。」〜NGO 5ジャイアズ 代表 マーカス・エリクセンさん〜

(以上、NHKの番組の整理より)

微細に壊れたマイクロプラスチックや超微細なプラスチックのマイクロピーズは、食物連鎖で人の体内へ入ってくる危険性が大いにあると指摘する研究者も増えてきていると、ニュースやネット情報から感じます。

今朝、登校指導をする側の川に、プラスチックゴミが水草にいくつも引っかかっていました。このゴミは、大水や摩擦で砕かれて小さくなって微細に壊れていきます。加えて、洗顔や歯磨きに混入されているマイクロピーズは、とても厄介なゴミと思います。

みなさんに、海の汚染、特に途上国がら垂れ流されるプラスチックゴミ、マイクロピーズ等々のことを注目してもらうために、Facebookのタイムラインにコメントしました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<人口減少時代の地方スポーツ>熱狂なくして達成された偉大な事績はない。(ラルフ・ウォルドー・エマソン

2018/03/24 08:26
<人口減少時代の地方スポーツ>熱狂なくして達成された偉大な事績はない。(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

〜長文です。時間あるときにお読みください。良ければ助言もお願いいたします。〜

おはようございます。サッカー協会に関わってかれこれ15年になるでしょうか。今は、宇土市のサッカー協会の代表をしています。

そもそも宇土市のサッカー協会は、社会人が中心で、1月2日の新春サッカー大会の開催が中心でした。小学校のスポーツが盛んになる中、小中学校のサッカー大会を開催するようになりました。

私のサッカー協会との関わりは、宇土市にキッズサッカー(5〜9歳)の導入からで、数年は協会に参加せず独自にサッカー教室を続けていました。

私どものサッカー教室が主催する大会を開催するようになってから、宇土市サッカー協会のキッズ部門を担当するようになりました。

幼稚園の年中からサッカーを!

の呼びかけでしたが、中心は小学校1・2・3年生で、多い時は40人を超える子どもが練習に来ていました。その中の一人が、今、日本代表に選ばれている鹿島アントラーズの植田直通選手です。

宇土市のキッズサッカーは、人口減少ながらも、現在も後輩のコーチが、継続して開催しています。

熊本県は、小中学校の部活が廃止され、社会体育へ移行しました。宇土市は、いち早く社会体育化へ取り組み、全校の部活が地域クラブへ移行しました。

次にあるのが、小規模校の人員不足と宇土市の中学サッカーの強化です。有料会員の民間の中学生のクラブチームに所属する生徒が増える中、地元の中学生にもチャンスを与える取り組みをと数年前から考えて来ました。

中学生の社会体育化は、まだ国県も打ち出していないので、既存の中学校の部活も維持することも、ここ数年サッカー協会に求めらるようになり、悩み、模索が続けていました。

どういう風にするのか?
少ないサッカー協会のメンバーで、知恵を絞り新たな取り組みにしなければと思案中です。

アイルランドの文学者で政治家のジャージ・バーナード・ショウの言葉があります。

(以下、『あなたに贈る希望の言葉』より)

人はいつも自分たちの環境が悪いと非難する。だが私はそんな環境など信じない。
この世に暮らす人たちは、朝起きると自分たちの欲する環境を探し、もし見つからなければつくってしまうものだからだ。(ジャージ・バーナード・ショウ)
(以上、本より転載)

要は、現在無いものは新しく創り出すしかない。有料会員の民間クラブではなく、宇土市の全中学生が参加できるサッカー強化の取り組みをどうするのか?

「熱狂なくして達成された偉大な事績はない」(ラルフ・ウォルドー・エマソン)

エマソンの訓示を忘れず、これから1ヶ月、これまで悩み考えて来たことを形としなければと思います。

*ジャージ・バーナード・ショウ:アイルランドの文学者、脚本家、劇作家、評論家、政治家、教育家、ジャーナリスト。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東日本大震災から7年、熊本地震から1年11ヶ月、いざという時の心構えが大事と思いました。

2018/03/12 06:19
東日本大震災から7年、熊本地震から1年11ヶ月、いざという時の心構えが大事と思いました。

昨日は、東日本大震災から丸7年目の3月11日、サッカー大会から帰りテレビを見ながら7年前の津波、その後の支援活動を思い出していました。

押し寄せる壁のような津波、田んぼ、街を飲み込み、あるもの全てを引き波が持ち去る映像を思い出します。

熊本の若い仲間たちが、3月16日の夜8時過ぎに、熊本市の上通り商店会のビルの一室に30人が集まった。口々に、「何かしたい」「いても立ってといられない」「東北に支援物資を届けよう」「でも、原発の爆発もあり、どんな方法があるか、ルートはどこから行くか」等々、言葉が出た。

30人の思いは、東北に行くこと、支援物資を集めること、集荷期日は3月22日、それまでみんなで仲間へ発信することにして、まだ震災の国の発表もないのに、団体名を「東日本大震災熊本支援チーム」とし、物資の集荷場所を、宇土市の社会福祉協議会に集めること、私が支援チームの事務局長をすることになり、県内企業の寄付集め等をお願いするため、市民活動仲間の熊本市の会計事務所代表の栗谷利夫社長に連絡して、支援活動がスタートしました。

18日夜に、さらに仲間が増えて、もう一度準備会議し、21日土曜日から物資が集まり始めました。22日の日曜日には、なんでもありの支援物資の仕分けする作業に集まるスタッフが少なかったのでどうするか前日は悩んでいたのですが、当日集まった人は100人をはるかに超えて、物資の仕分けはバケツリレー形式で出来、3時間足らずで終了、一番時間のかかる衣服の仕分けも無事に夕方前には終了できました。

私ともう一人が、米3トン、水5トンが集まっていたので、防犯のため支援物資と一緒に一晩泊まりました。23日の月曜日の物資トラックに積み込むにも30人が会社出勤前に集まり積み込みを手伝ってくれました。支援物資を積んだトラックは、ボランティア8人、1トントラックのレンタカー3台、総重量15トンの物資を積んで23日昼前に東北に出発しました。翌24日の夜には、福島県相馬市の避難所に物資を届けることができ、そのほか、石巻市、陸前高田市へボランティアが入り、約2ヶ月間、集中的に支援物資集めと現地のボランティア活動を行いました。

以来、毎年5月末に、それぞれの縁がつながった地域の支援活動の報告会を開催して来ました。今年で7年目、東北の被災地は、高台移転の開発、住宅、商店街の移転と進んではいますが、まだまだ復興途中と、昨日のテレビで確認した気がします。

2年前の4月14日夜の震度7の地震が襲った熊本県、さらに丸一日後の深夜1時26分に起こった本震で、さらに被害が拡大し、それから一月以上続く車中泊が始まりました。居場所がないくらい集まっていた避難所となった小学校には、当初物資がなくどうなるのか不安な支援活動が続きましたが、2日目から徐々に県内外から集まり始めました。

あれから2年、被災家屋の公費解体が終わり、熊本もやっと復旧復興が本格的に動き出したと思っています。東日本大震災から7年まだまだ復興途中、熊本地震から2年これからが復興の始まりです。

東日本大震災の支援活動で経験したこと、九州内の二度の北部豪雨の被災地へのボランティア活動の経験、熊本地震の経験から、地震・雷・火事、と言われる災害に加え、最近は火山の噴火も続く日本列島、災害はいつ何処で起こるかわかりません。常々、災害が起こることを想定して、それぞれの家族が、自ら生き残る方法や逃げる知識を身につけ、起こった後は自助・共助の意識で、1週間〜10日間命をつなぐ工夫をしなければと思います。

東日本大震災から7年の命日に、地震被害と支援活動、それと自らの命を守る工夫、自助・共助の支援活動を思い出し、日常の“あたりまえ”の生活を大切に過ごすことに心がけなければと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる