アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
野口修一の公式ブログ
ブログ紹介
持続可能な地域と、原子力に頼らない社会を目指して活動します

 これまで色々な活動に関わり、色々な方々と出会い、多様な分野の勉強を続けてきました。建築士として独立して24年、異業種交流会を主催するようになって14年が過ぎ、これからどんな活動をするか考える中で、頭に浮かぶのは、私たちの子孫たちがどんな社会環境で生きて行くのかということです。

・再生力は、1980年代後半に限界を超えた
 地球の再生能力を示す指標「エコロジカル・フットプリント」は、1980年代後半に限界を越え、日々悪化しています。やっと日本政府も、温暖化防止へ向け、世界へメッセージを発信し動き始めました。世界が、持続可能な地球保全のために、一つの方向を向き、動き出したと思います。

−プロフィール写真は、萩市の「松下村塾」前にてー

・熊本地球市民塾と仲間たち
 社会活動のきっかけになった『熊本地球市民塾』塾長の高宗明敏氏から「世界から情報を集め、足もとで行動を起こす」の教示は、今でも私の基本になっています。これまで出会った師友の皆さんと協力し、持続可能な地域を実現するために、グリーン社会の新技術を使い、再生可能なエネルギーを広げ、いつか原子力に頼らない社会を目指して、活動を続けようと思っています。

・持続可能な社会(地域)を実現する
 持続可能な社会(地域)を実現するには、まず自然環境を維持し、生活、経済の社会環境の改善に関心を持ち、自分ができることに参加することが必要と思います。衣食住を他の国々や、地域に依存するのではなく、住む地域での食糧自給を高め、地域の自立力を高めることが、持続可能な地域にする必要条件と思います。

・犯罪を生みにくい社会
 もう一つが犯罪を減らすことも重要と思っています。そのためには、社会的格差から苦境にある人たちに、教育の機会と仕事を提供し、国民一人ひとりが健康的で、豊かな生活が営めるように、地域の理解と新たな取り組みが必要です。再犯者は、言語、教育、貧困、等に多くの原因を持っています。犯罪を生まない社会とは、生活環境による教育格差をなくことが重要と思います。

・日本の自然資源は、世界上位
 日本は、地下資源が確かに少ないかもしれません。しかし、日本の自然資源(太陽、風、海、森林、地熱、等)は、世界上位に在ります。また、江戸時代以来、教育に力を注いで来たから、明治維新を成し遂げ、今の日本を創り上げました。日本の最大の資源は、「人間」そのものと思います。

・すべての人が心豊かな生活ができる社会
 これから、日本が「人間力」を高め、いつか原子力を地球から無くし、再生可能エネルギーだけで、地域社会が成り立つような世界ができればと願っています。私は、人と自然環境が共生し、すべての人が心豊かな生活ができるように、微力ながら活動を続けて行きたいと思います。


・「宇土・市民マニフェスト2010」 (2010.02.21策定)
 http://utoshiminmanifesto.otemo-yan.net/e393753.html
宇土市民有志10名で、5ヶ月かけて策定し、提言をした9分野、170の要望書です。これを基本として、市議会で4年間質問をします。



<行動理念>
〜考えに考え抜いた、悩みに悩みぬいた献身的な市民の小さなグループが世の中を変える〜(マーガレット・ミード)

<ライフスタイル>
LOHAS=Lifestyles of Health and Sustainability
ロハス(健康と持続可能な自然環境を志向するライフスタイル)

<心に沁みる言葉>
「世の人は 我を何とも 伝はば伝へ 我が為すことは
 我のみぞ知る」(坂本龍馬)

「人生の本舞台は常に将来に在り」(尾崎行雄)

「一燈照隅 萬燈照国」(安岡正篤)

<好きな言葉>
明鏡止水、原理・原則(Principle)、尽心、敬天愛人、至誠一貫、質実剛健、 感謝、謙虚、親切

<尊敬する人>
諸葛孔明、王陽明、上杉鷹山、佐藤一斎、横井小楠、坂本龍馬、山田方谷、新渡戸稲造、ガンジー、マザーテレサ、ジョン・F・ケネディ、安岡正篤、

<個人データー>
熊本県宇土市在住 野口修一(56才、建築家)
一級建築士事務所経営 24年目
(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570


市民活動
・NPO法人フューチャー500日本 理事
・東日本大震災熊本支援チーム 事務局長
・熊本横井小楠塾 事務局長
・異業種交流会「四季の会」主宰(年4回、14年目)
・宇土市サッカー協会 会長
・NPO法人熊本県キッズサッカー協議会 理事
・(宇土)車椅子街角探検隊 隊長
・不知火龍馬会 会長

講師
・熊本大学非常勤講師「実践のまちづくり講座」

公務
・宇土市議会議員 1期目

著書
・なかまづくり まちづくり(花書院)


[世界平和と次世代に夢を創りましょう]


(問合せ先)Email : noguchi.shuichi.uto.kumamoto@gmail.com
       *facebook、mixi、twitterも活用中

(野口修一後援会事務所)
事務所専用電話 08042803570
zoom RSS

− タイトルなし −

2017/01/18 09:13
画像


画像


画像


画像


1月15日の午後、久しぶりに知る日温泉まで往復24kmウォーキング、無事に帰宅しました。休憩を挟んで、所要時間3時間50分、約30000歩くらいです。帰りは、不知火温泉の物産舘からミカンも買ってきました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<熊本県議会>熊本県央の選出で、我々の「不知火龍馬会」仲間の末松直洋県議の一般質問を傍聴しました。

2016/12/08 09:57
画像



昨日日は、熊本議会の傍聴に行ってきました。熊本県央の選出で、我々の「不知火龍馬会」仲間の末松直洋県議の一般質問をじっくり聴きました。

打ち合わせをした訳ではないですが、私がして欲しい質問を、見事に表現して執行部に質問してもらい、とても気分良く帰ってきました

一つは、宇土半島南岸の不知火海(八代海)北部の干潟拡大状況の問題。

二つ目が、熊本地震で被災した建造物で、国指定、県指定、自治体指定を受けてない神社、遺跡、記念碑、等々の修復に、県の復興基金を使えるようにして欲しい。(要望)

この質問には、私の気持ちが以心伝心で通じた!と感動しました。

さすが、まちづくりに関わってきた者は、同じ考えを持つのだな、と思いました。

一般質問の後に、ツーショットを撮らせもらいました。もう一枚は、11月6日開催された末松県議の県政報告会で、龍馬会の旗印を持って撮りました。

画像


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ぶれない眼力の養い方>母は、「人がこうしているから、私もこうする」ということをいっさい許しませんで

2016/12/08 09:51
<ぶれない眼力の養い方>母は、「人がこうしているから、私もこうする」ということをいっさい許しませんでした。〜曽野綾子〜


昨日、久しぶりに開いた曽野綾子さんのエッセイ『思い通りにいかないから人生は面白い』に、冒頭の言葉がありました。家庭教育のあり方を考えました。

戦時中に、金沢に疎開した曽野綾子の家庭は、金沢の儒教的な考えで、電車では男女同席せずの土地柄で、

学校の先生から「男の人に道を尋ねられても答えなくてもよろしい」とおっしゃった。しかし、曽野綾子さんの母は、「それはいけません。学校で何と言われようと、知っているなら教えてあげなさい」とキッパリ言い切りました。

それでいて「夜道でお巡りさんに『危ないから送ってあげる』と言われたら、『いいえ、結構です』と断りなさい。お巡りさんだって信用しちゃいけません」と語ったとありました。

曽野綾子の母は、暴力を振るう気難しい夫とずっと生活をしていたので、世の中の常識にとらわれず、自分流を貫なさい、と教えたかったのでは、自分の身は自分で守るしかない。
(以上、本より抜粋)

世間で「常識を知らない」と語った人の顔を見てみると、二つのタイプがあるように思います。自らの判断(価値観)で語る人と、いわゆる知人や周りの価値観で語る人、表現が難しいですが、ぶれれる人とぶれない人、とも捉えています。

曽野綾子さんは、「耳学問だけでは、自分の眼力を養うことはできません。文字通り自分の目で見たものや、聞いたことも含め、外側からできるだけたくさんの情報を吸収して、それを読書や体験によって自分の栄養になるかどうかをふるい分ける技術が必要だと思います」と語っています。

常に世の中の出来事に関心を持ち、その背景や人の関わり、更には思いまで思考を働かせて試(み)る。そんな、小さな訓練(読書や体験)を重なると、ニュースから流れてくる事件や出来事が、フッと「これって、以前の事件に似ている」と思いついたりします。人間の生業は、いつの時代もそう変わらないのです。歴史に学ぶこともあります。

曽野さんの母さんの「お巡りさんだって信用しちゃいけません」からは、一人で生きる厳しさが伝わってきます。

今年も残すところ今日も含め24日、1年の過ぎるのが歳を取ると早く感じます。一日を大切に、生きたいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


12/18復興・第5回うと軽トラ市を開催します。会場は「日本一の海床路」の有る宇土市住吉海岸公園隣り

2016/12/06 14:34
12/18復興・第5回うと軽トラ市を開催します。〜会場は「日本一の海床路」の有る宇土市住吉海岸公園隣の住吉漁協駐車場〜

いよいよ、恒例になりました「復興・うと軽トラ市」の第5回目を、12月18日11時〜(終了14時)、宇土市の住吉海岸公園隣にあります住吉漁協の海苔育苗施設の駐車場で開催いたします。たくさんのご来場をお待ちしています。

販売は、11時の爆竹の合図で、一斉に開始します。(時間前の販売はいたしませんので、時間内に来てください)

今回は、くまモンも登場します(12時ころの予定)

<出店募集>
参加したい、農家、漁師、お店(販売、食堂、バザー)の方々は、12月12日18時〜、宇土市の住吉漁協共同組合会議室(JR三角線住吉駅向かいの漁協冷蔵庫裏)て、開催します。まだ、出店の検討中でもご参加ください。出店は、前日まで受け付けます。

宇土市の復興を願っての軽トラ市開催ですので、出店費用は、
・宇土市内は、1000円
・宇土市外は、3000円
お金は、当日に徴収します。

出店場所の広さは役3.5m×6m程度(場所により微妙に寸法が異なります)

<告知方法>
・インターネットで様々な告知方法で、県内外に知らせる
・新聞の朝市、フリーマーケット告知欄掲載
・宇土市内の熊日新聞購読者全戸に新聞折込
等々の告知活動をします。

<ボランティア募集>
復興・うと軽トラ市は、何処からの補助金をもらわな「ゼロ予算事業」(出店の参加費用+本部の飲食販売費)で行っています。それも、とても少ないスタッフで準備しますので、「宇土市の元気づくり」の復興・うと軽トラ市にご賛同いただける方は、当日にボランティアとしてご協力ください。

当日のボランティアを、募集いたします。たくさんの参加をお願いいたします。

何でも問い合わせ先
野口修一 09036667682

人も店もボランティアもたくさん集まる「復興・うと軽トラ市」になるよう頑張ります。

*特設ステージで、カラオケ大会も開催します。当日、飛び入り大歓迎です。


画像


画像


画像


画像


画像


画像




第4回軽トラ市の様子のスナップ写真

画像


画像


画像


画像



チャリティ・コンサート(特設ステージ)

画像


画像


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<ある元ジャーナリストの小言>日本男児は弱くなった?、草食系男子の増加・・

2016/12/01 02:31
<ある元ジャーナリストの小言>日本男児は弱くなった?、草食系男子の増加・・

弱い男が増えたと思う要因

第一、ノーをはっきり言えなくなった

第二、人の言うことを鵜呑みにする人間が増えた

第三、依頼心が強くなった

第四、言い訳が多い

第五、潔(いさぎよ)さがない

第六、決断しない

第七、責任をとろうとしない

第八、プライドがわからない

第九、戦いを想定していない

なるほど!
流石、川北義則氏の指摘は鋭い。

男たち頑張ろう!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


読書の心構え

2016/11/29 06:55
読書の心構え

精神を収斂(しゅうれん)して、以て聖賢の書を読み、聖賢の書を読みて、以て精神を収斂する。(言志四録・後補録13)

【訳】
心を引き締めて聖人・賢者の書物を読み、聖人・賢者の書物を読んで心を引き締める。これは修養のための読書の心構えてある。

毎年開く本があります。日々持ち歩く数冊の本があります。毎日開く本があります。数日おきに開く数冊の本があります。

そういう本は、小説や雑誌や評論ではありません。文書も短く、日々の暮らし、生活、あるいは仕事での出来事に、反省を促し、やる気を起こさせ、志を新たにする様ような言葉が並んでいます。

人生やるぜよ!

我が心の選択(洗濯)を、日々・毎日しなければ、心はしおれていきます。心を起こすには、古くからの名著、名言、訓示、教示、等々、言い方はありますが、毎朝、日々の寸暇を見つけては、本を開く、その繰り返ししか、私の心身の鍛錬を導く方法は無いような気がしています。

本日の朝読書は、渡辺五郎三郎編著『佐藤一斎一日一言』の5月19日の訓示でした。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<今日の一言>克己の工夫は一呼吸の間に在り。〜佐藤一斎〜

2016/11/29 06:52
<今日の一言>克己の工夫は一呼吸の間に在り。〜佐藤一斎〜

おはようございます。おとといの雨の中でのフットパスは、坂道等でけっこう踏ん張ったりして、日ごろ使わない筋肉を使っているようで、すこし筋肉に緊張感が残っています。

また、昨日の午前中は、母が2月に他界しているので、年賀状をご遠慮いただくように、年末までに出さなければいけない挨拶ハガキを300枚宛名書きしたりと、日ごろしない作業で、考えることも多く、今朝の頭の回りが悪いので、今朝の一言は、佐藤一斎の『言志四録』からにしました。

克己の工夫

「克己の工夫は一呼吸の間に在り」

【訳】
自分の邪志に打ち勝つ工夫は、「ここだ」という一呼吸の瞬間があり、それを積み重ねて一生を築いていくのである。

昨夜の経済産業省が主催した、地方創生の人材育成プログラム「再生エネルギー・人材育成研修」(略称:再エネ地域人材育成事業「まちエネ大学」)には、地域で活動する個性派の30数名が
集まっていました。

語る中に、社会を変えたい思い、自らを進化させたい志、もともと縁ある人、新たなご縁となりそうな人、それぞれにこれからの人材の工夫へのチャレンジに、「再エネ大学」に九州各地から参集していました。

日々の悶々とした思いを打開(チャレンジ)しに来ているのだなと感じながら、昨夜は自宅まで、震災後の迂回路回り、夜10時過ぎに帰宅しました。

このようなセミナーに参加するようになって25年、色々なセミナー、場面で、様々方々に出会ってきました。「人生は出会い」そのの場に行くか行かないか、その踏み出す一歩で、人生の転換点につながってきたように思います。

「克己の工夫は一呼吸の間に在り」

決断するまえに一呼吸、ただ決めたら即行動を起こす。昨日のセミナーで「思い立ったら、行動し、仲間を作って継続する」の意味の事を講師が語っておられました。私はそれにもう一つ必要な要素があると思っています。それは、始めた方に、人を惹きつける魅力があるか? です。

高い志は、周りからするととても心地良い香り(魅力)かあるそうです。その香りを維持し続けるには、言い出しっぺのリーダーが、常に向上心を失わず、克己の工夫をし続けることが必要な気がします。

本日の言葉、私自身も襟を正して読まなければと、朝から思っています。そろそろ、朝活の準備です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

野口修一の公式ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる