<早起きは三文の得>朝こそすべて。〜『安岡正篤一日一言』〜

<早起きは三文の得>朝こそすべて。〜『安岡正篤一日一言』〜

短い言葉ですが、中身は深い歴史的経験値から出たものに、感動します。

>1日24時間朝があり昼があり夜があるとするのは死んだ機械の一日にすぎない。活きた時間は朝だけ、換言すれば、本当の朝をもたなければ一日無意義だということだ。朝を活かすことから人生は始まる。
(以上、『安岡正篤一日一言』7月2日の訓示より)

8月4日は朝ウォーキングを始めた記念日。もう丸8年になります。ほんとに最初は、3.5kmでした。それから、その年の11月29日〜12月2日『薩長同盟ウォーク500キロ』熊本ステージ、熊本県の田浦駅(肥薩オレンジ鉄道)から熊本駅まで92kmことを目標に4ヶ月ちかく"歩く練習"に取り組みました。ほぼ毎日歩く練習をして本番に臨みました。

4日間歩く中、長距離ウォーカーの先輩方から、
「毎日歩いてはダメ、週休3日くらいがいい」
「私(女性)は、行橋別府100キロウォークに還暦ときこそ歩き20時間で歩いた」
「歩く前は、薬ばかり飲んでいたが、今は一つも薬を飲まず、検査の数値は標準になった」
等々、歩くコツ、目標、健康まで、話がたくさん聞けました。

歩く練習は「週休3日制」、これを聞いて決めたのが、
1.雨の日は歩かない
2.飲み会があった翌日は歩かない
3.早足で10kmウォーキングを年間200日
このルールをきめてから、とても楽になり、毎日4時起きなので、歩かない日は、ラジオ聴きと読書をするようになりました。

朝4時〜6時半、いろいろことを考え、本を読む。新たに買って読むことも大事ですが、私は、毎年読む本、日常的に持ち歩く本がありますので、枕元には常に本が転がっています。

私は小説はほとんど読みません。それこそ、司馬遼太郎さんの小説は、龍馬以外読んでいませんが、司馬さんの講演集、対談集は、かなり集めています。

私の朝活は、ウォーキングか読書、たまに原稿を書いています。安岡正篤先生の語られる「朝こそすべて」だなぁ、とつくづく思います。さすが、安岡正篤先生の教示は素晴らしい!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント