<六花亭秘話>NHKの朝ドラでのお菓子屋さん、これって『六花亭』の始まりの話と、ご存知でしたか?〜坂本龍馬のとの縁?〜

<六花亭秘話>NHKの朝ドラでのお菓子屋さん、これって『六花亭』の始まりの話と、ご存知でしたか?〜坂本龍馬のとの縁?〜

私は、NHKの朝ドラ『なつ空』をデザイナーの視点から見ていました。私の住むような田舎から、一念発起、東京へ行く勇気、さらにアニメブームの企画に、とても感心を持ちました。

主人公が、幼少期に養子として育った北海道に、度々帰るのですが、その出会いの場がお菓子店でした。

帯広のお菓子系アイドルさん!

まさか、まさかの"六花亭"秘話が含まれていたのです。

私は、坂本龍馬を敬慕する不知火海龍馬会を15年前に立ち上げました。龍馬さんは、明治維新を前に、凶刃に倒れました。

・・・、しかし、坂本龍馬の本家は、北海道に渡ります。

坂本龍馬の甥、坂本直行は開拓農民として、とにかく頑張りました。その直行の姿を、レリーフ(彫刻にしたい)と彫塑家が取材に来ます。

ところが、坂本直行が、農作業の合間に書き続けた、風景、人間、動物のスケッチを彫刻家が見て、すごく評価します。

何を思ったか、坂本直行さんは、50代半ばで、画家に転身(展覧会の開催)を始めました。それが、大好評で・・・

なんと、なんと、始まったころの六花亭の包装紙のデザインを手掛けます。

正に、"へーっ!"

坂本の本家と"画家?"

本家の10代目当主の坂本登氏も、実は画家になられていました。

坂本本家の7代目(坂本登さんの曽祖父)は、現在の山鹿市出身の実業家で、坂本本家に養子になられた。

剣士で革命家の坂本龍馬本家の実情はどうだったか?、を誰も聞かない、聴こうとしない!でした。

政治家(活動家)は、想像を超えた地域、部署から出てくる。政治家は、要注意なのか、おおいなる期待なのか、は別として、今、社会改革ができる人を求めているように思います。

*参考資料:六花亭、帯広、北見、坂本龍馬、坂本本家とその後、・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント