<無責任な反論に対する>今日は、午前は家の周りの田畑の草刈り作業です。

<無責任な反論に対する>今日は、午前は家の周りの田畑の草刈り作業です。

その前に、昨日の私のタイムラインに厳しく意見したコメントがありましたが、私は逃げも隠れもせず、その意見に対して答えました。ところが、いつの間にかすべて削除されました。

要は、「議員は偉いのか?」の含みのある意見のようでした。

私は、2002年6月から、毎日、日々の体験や社会の出来事への意見を書き続けてきました。議員になったのはまだ9年ですから、その倍の昔から、意見(自論かもしれませんが)をネット上にコメントしてきました。議員になったから始めたのではありません。

それと熊本日日新聞の市民投稿『読者ひろば』には、17年前から、投稿を年に5〜8回(当初は、1〜3回)程度続けてきました。

これは6年前の話です。当時の国立競技場の建設コストが高騰して、国民から厳しい意見が出たときに、私は、「設計者を再度選ぶコンペをすべき」とのコメントをあげたら、名を伏せた建築士が、「今から再コンペでは完成が間に合わない」と厳しく何度も、反論してきました。
 その後、Jリーグのガンバ大阪の専用スタジアムの計画が発表され、その額は、当時の国立競技場の予算の1/5以下でした。曲線、3次元曲線を基調とした当初の国立競技場と違い、ガンバ大阪のスタジアムは、直線を基調とした綺麗なデザインでした。

その後、さらに議論が続くのですが、日本オリンピック委員会が、"再コンペ"を決定して、私への意見は、すべて削除されました。

日本人の設計による素晴らしい現在の国立競技場は、昨年末に完成しました。人に意見するのであれば、憶測や想像による反論は、根拠を持って書いているコメントとは、意味がだいぶ異なると考えています。

災害現場に足も運ばず、ボランティア活動もせずなら、議員として議会の質問は、根拠が足りず、言葉を濁すことになります。私の本業の建築もそうですが、「現場、現物、本人」を自ら出向き確認することは、最低の活動条件です。

昨年の5月の連休に、工事途中の国立競技場を見て、「年末には完成する」と確信を持ちました。6年前の議論は、正しかったと安堵しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント