<何事もタイミングが大事>今、やるべきことをやっているのか?〜天に応じて時に行う〜(易経)

<何事もタイミングが大事>今、やるべきことをやっているのか?〜天に応じて時に行う〜(易経)

(今朝は小雨で、朝ウォーキングできなくて長文です)

今日の天気もぐずつく予報、いつまで雨か降るのか、とても心配な今夏の気候です。

7月4日の熊本県南を襲った豪雨は、これまでの歴史にない水嵩を記録し、多くの犠牲者と甚大な被害を起こした。熊本県民は、被災地を救いたいと、4連休被災地へ駆けつけたことに、胸が熱くなった。

・災害ボランティア活動
自分の仕事もあるので、毎日は行けませんが、空から"今日は行きなさい!"の声が聞こえて(仕事も調整して)来る思いで出かけています。
 私は自営業なので、なるべく平日に行くようにしています。加えて、若い仲間たちから「一緒に行きませんか?」の声(天の声)がかかった時、週末にも迷わず行きます。仲間と活動するのは楽しみだからです。

・中体連が代替大会
また、先週末から中学生のサッカー競技は、中体連の代替大会が関係者のご尽力で始まりました。高校総体中止、中体連中止の県教委が決めて、塞いだ子供たちは、試合の中で躍動しています。今週末と8月5日が、宇城地域の大会トーナメントの試合日です。

コロナ渦中、"今何をすべきか"を考えます。

易経の教え『易経一日一言』に、以下の言葉があります。

「天に応じて時に行う。ここをもって元(おお)いに享るなり」

解説を読むと、「天に応じて時に行う」とは、その時々にピッタリの、時の的を射る行いをすること、とあった。

>その時々にピッタリの、時の的を射る行い

要は、"ドンピシャのタイミング"ということですが、災害ボランティア活動も中体連の代替大会も、やるタイミングがとても大事と、今回のことで経験をさせていただいています。

中体連中止が発表になった直後に、宇城地域の市町サッカー協会幹部に連絡を取り、「何か替わりの大会をできるようにやりましょう」と調整を続けてきました。各学校の顧問たちのご尽力もあり、先週末から試合が始まりました。

また、熊本豪雨の被災状況をニュースで見て、居ても立ってもおれず、7月5日の昼過ぎには人吉市の先輩の会社の前に居ました。以来、"今日は行ける(行こう)"で、人吉・球磨、芦北・津奈木の災害ボランティア活動に出かけています。

社会の出来事、事件、災害から、"何かしたい!"の思いで、いつも動いて来ました。東日本大震災の被災地支援、豪雨被災地でのボランティア活動、いつも計画があるわけでなく、湧き起こる思いに駆られてやっているように思います。

今朝の読書で『易経一日一言』の一文に、昔の人も同じ思いでやったていたのか!と気づきました。解説は、以下の言葉でまとめられていました。

(以下、転載)

 天の運行に応じて、その時々にしかるべきことを行っていれば、物事は多いに通じていくということである。
(以上、『易経一日一言』より)

中体連の代替大会も、被災支援も、タイミングが大事だと振り返ります。

中体連の代替大会の開催機運は、中体連大会中止の発表から2ヵ月経った6月中旬頃に盛り上がり始めた。宇城地域のサッカー協会は、事前調査が既に終わっていましたので、うまく開催できて良かったと思います。

被災地支援は、東日本大震災の支援活動から、ボランティア活動は、"被災地が求めるものに遅滞なく対応する"から、常に現場ニーズを拾うことが重要です。要は、災害ボランティア活動もタイミングが大事なのです。

私の活動は、"何かしたい"(天の声)に駆られてやっていて、いつも妻に「思いつきばかりね」と言われています。

さて、明日も時間取れそうなので、災害ボランティアに行こうと仲間と連絡をとっています。

長々と書きました。最後までお読みいただきありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント