<なかまづくり>市民活動30年、初めは一人の参加者でした。建築は、建築専門学校から40年(独立して31年)。

<なかまづくり>市民活動30年、初めは一人の参加者でした。建築は、建築専門学校から40年(独立して31年)。

始まりは、横井小楠を学ぶ会に飛び入り(新聞記事を見て)参加した。以来、安いセミナー、大学の公開講座に参加するようになります。さらに九州7つの新聞社が共同して開催した2泊3日の「九州平成義塾」(参加費3万円)が大分市で開催されるのを知り、一人九州横断バスに乗り参加しました。そこから、人の輪が九州全域に広がることになります。

横井小楠と松前重義の理念を学ぶ「熊本地球市民塾」(主催は九州東海大学の高宗昭敏教授)に、1年間毎月欠かさず参加しました。講義がおもしろいのと、そこに参加する方々が個性的で活動している方ばかりで、後座の話がはるかにおもしろかったのです。

熊本地球市民塾は、2年目から、各地に出かける"手前講義"をしたり、地域づくりのイベントに加わり、3日連鎖セミナーをやったりと、活動範囲が広くなっていきます。いつの間にか、事務局を手伝うようになり、いつも受けにいる人になりました。

5年もすると、「高宗先生の受付けでしたね」と記憶してもらうことになりました。高宗先生の様々な活動に付いて行くので、熊本の各界のリーダーたちにも逢わせていただきました。今は、それが財産になっています。高宗先生の活動のお手伝いは、市議になっても続けました。先生が体調崩されてからは、できなくなりましたが、約20年様々な市民活動に関わってきました。

私が主催した市民活動、地域づくり、仲間づくりは、私の著書『なかまづくり まちづくり』(花書院)に、88の実践報告をまとめていますので、興味ある方はご笑覧ください。

仲間づくりは、これからも続くことと思います。古くは、小中学校の同級生、高校のサッカー仲間、建築専門学校の建築関連の技術者たち、さらに独立して、設計コンペのチャレンジで生まれた建築のネットワーク、横井小楠から始まった市民活動で、歴史検証、車椅子街角探検隊(バリアフリーチェック)、男女共同参画社会づくりでの出会いからスペシャルオリンピックスに参加し、障害者支援にも参加するように。日曜サッカースクール開催で宇土市サッカー協会に参加し、現在会長しています。東日本大震災に支援活動団体「東日本大震災・熊本支援チーム」な事務局長を務めて、東北の被災地にも出向きました。その経験が、熊本地震後の被災者支援の参考になりました。

さて、残りの人生、何を始めるか?

今日は、6月の定例議会最終日、どんな議論になるか、楽しみに出かけます。

<運のある人、ない人>自らの存在を外に求めるのか、内に求めるのか。人の存在は、周りとの作用反作用にあるのに気づかない人が多い。

<運のある人、ない人>自らの存在を外に求めるのか、内に求めるのか。人の存在は、周りとの作用反作用にあるのに気づかない人が多い。

今朝はウォーキングはお休みです。昨夜の竹馬の友たちとの懇親会は、話が尽きず楽しい時間でした。

60歳代まで生きると、さまざまな体験をしているので、相互に語ることも相手を思いやらながら語る、相手を知るからそこでからことと思います。

しかし、相手を知らないと話が途切れる。まして、付き合いの短い人とは、話が無い、が現実と思います。昨日は、サッカーがもととなる集まりに、竹馬の友も加わり、話は地域から仕事の話まで、多岐にわたりました。

人の縁とは"つながっているなぁ"と思うことばかりです。今朝の読書は、吉田松陰の理念を解説した『覚悟の磨き方』に以下の言葉がありました。

(以下、本より)

運が向かない人の考え方

壊そうとするから、壊されるのに、
打ち負かそうとするから、打ち負かされるのに、
人を見下すから、人から見下されるのに、
そうとは気づかずに、苦しんでいる人は本当に多いものです。

そしてすべてを失いそうになってもなお、
その原因を作ったのは自分自身なんだって、
考えが及ばないのは、本当に悲しいことです。
(以上、『覚悟の磨き方』より)

これを読み、なるほどと思う場面を、この年になると何度も見てきましたし、私自身も受けました。

人間関係は、作用反作用の法則になっていることを、多くの人が知らない。どんなに遠くにいても、思いつながっている気持ちを持ち続けていると、4日前に指宿から会いに来てくれた友人のようなことも起きます。

しかし、どんな身近にいても、人を見下した付き合い方をすれば、人は反作用の法則から、気持ちも離れていくもの。人間関係とは不思議なものです。

人間は、それぞれに一生しかありません。どんな思いを持って人と接しているか、その周りの人を観ると、その本人の心が見えてきます。

今日は、四半世紀前から縁をいただいている友人夫妻からのお誘いで、瀬の本高原で開催される犬の集まりを見学に行きます。高原の爽やかな空気を、三密にならない様に感じてきます。

<覚悟の生き方>「50歳になりました」、「もう命は惜しくなかろう、その覚悟があれは一緒にやろう!」

<覚悟の生き方>熊本の大先輩の訓示を思い出します。

「野口さんいくつになりましたか?」

「50歳になりました」

「もう命は惜しくなかろう、その覚悟があれは一緒にやろう!」

(以上、50歳になったばかりの頃、熊本県の文化人を巻き込む顕彰活動を始めるときに言われた熊本のリーダーの言葉です。)

この言葉をもらって、約一年3ヶ月、ほんとに命がけ、仕事も家族ごとも後回しで、突っ走りました。

横井小楠生誕200年事業でした。今は、良き思い出でです。

市民の方に見てもらった(目立つ記憶)のは、横井小楠生誕200年の白いのぼり旗を、熊本市街地の主要な場所、国道沿いに500本建てました。

今思えば、よくやったものです。(笑)

吉田松陰の理念を解説した本『覚悟の磨き方』に以下の言葉があります。

・止まることは許されない

進まなければ、退化します。
途中でやめれば、すべてが無駄なります。
だから、今日死んでも悔いを残さないやう、
死ぬまで前にも進み続けるしかありません。
(以上、本より)

私に「50歳になったら命は惜しくなかろう」と言われた方は、熊本昨日病院の創設者の米満弘之先生です。先生は、その約束通り、最後まで事業の中心で動かれました。その一年3ヶ月は大変でしたが、今の私の活動の覚悟を学んだ気がします。

>死ぬまで前にも進み続けるしかありません。

人間、死ぬまで進むしかない。

>もう命は惜しくなかろう、その覚悟があれは一緒にやろう!

その横井小楠生誕200年の実行委員長の永野光哉委員長には、1年3ヶ月の後も、いろいろ指導いただきました。それは、私の大きな財産となっています。

>50歳になったら命は惜しくなかろう!

これが、私の市民活動のベースになっています。私は、目立つことはしない、中身が大事と思っています。

「大儀四海に布かんのみ」

私自身の「大儀」はなにか?

62歳.、後半生の目的を、ぼちぼち探さなければと思う、今日です。