<なかまづくり>市民活動30年、初めは一人の参加者でした。建築は、建築専門学校から40年(独立して31年)。

<なかまづくり>市民活動30年、初めは一人の参加者でした。建築は、建築専門学校から40年(独立して31年)。

始まりは、横井小楠を学ぶ会に飛び入り(新聞記事を見て)参加した。以来、安いセミナー、大学の公開講座に参加するようになります。さらに九州7つの新聞社が共同して開催した2泊3日の「九州平成義塾」(参加費3万円)が大分市で開催されるのを知り、一人九州横断バスに乗り参加しました。そこから、人の輪が九州全域に広がることになります。

横井小楠と松前重義の理念を学ぶ「熊本地球市民塾」(主催は九州東海大学の高宗昭敏教授)に、1年間毎月欠かさず参加しました。講義がおもしろいのと、そこに参加する方々が個性的で活動している方ばかりで、後座の話がはるかにおもしろかったのです。

熊本地球市民塾は、2年目から、各地に出かける"手前講義"をしたり、地域づくりのイベントに加わり、3日連鎖セミナーをやったりと、活動範囲が広くなっていきます。いつの間にか、事務局を手伝うようになり、いつも受けにいる人になりました。

5年もすると、「高宗先生の受付けでしたね」と記憶してもらうことになりました。高宗先生の様々な活動に付いて行くので、熊本の各界のリーダーたちにも逢わせていただきました。今は、それが財産になっています。高宗先生の活動のお手伝いは、市議になっても続けました。先生が体調崩されてからは、できなくなりましたが、約20年様々な市民活動に関わってきました。

私が主催した市民活動、地域づくり、仲間づくりは、私の著書『なかまづくり まちづくり』(花書院)に、88の実践報告をまとめていますので、興味ある方はご笑覧ください。

仲間づくりは、これからも続くことと思います。古くは、小中学校の同級生、高校のサッカー仲間、建築専門学校の建築関連の技術者たち、さらに独立して、設計コンペのチャレンジで生まれた建築のネットワーク、横井小楠から始まった市民活動で、歴史検証、車椅子街角探検隊(バリアフリーチェック)、男女共同参画社会づくりでの出会いからスペシャルオリンピックスに参加し、障害者支援にも参加するように。日曜サッカースクール開催で宇土市サッカー協会に参加し、現在会長しています。東日本大震災に支援活動団体「東日本大震災・熊本支援チーム」な事務局長を務めて、東北の被災地にも出向きました。その経験が、熊本地震後の被災者支援の参考になりました。

さて、残りの人生、何を始めるか?

今日は、6月の定例議会最終日、どんな議論になるか、楽しみに出かけます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント