私は変わった(代った)人生を送っているのだろうなと思います。

私は変わった(代った)人生を送っているのだろうなと思います。

人生は、予定外の出来事から始まった。進学は、自分の思い(理想)で突き進みますが、実は実力が伴わなければ合格はしません。特に大学進学は、不都合(自分にとって)ばかりでした。

落ち込む時期もありましたが、今はその時期が自らの生き方を決めたように振り返ります。父の道は進まないと思っていたが、建築設計の修行に向かいます。専門学校卒業後、3つの建築事務所を渡り歩き、同時に東京から西の見たい建物は全て視察をしました。その財源を作り出したのは、バブル期の人材不足で求められた、夜のアルバイト(先輩の応援)の収入が支えました。

いざ独立する直前に、バブル経済がはじけて、ゼロ(建築業界はマイナス)成長経済になり、絶不調の開業期になりました。そこで、思案して動き始めたのが市民活動(運動)でした。ところが、この世界にいる人は、多種多様で興味にことかかない。ついついのめり込んで、本業の建築の仕事も疎かになることもありました。

そこで始めたのが、異業種交流会です。自ら出向き、考えを語り、人を集め続ける活動です。初めは同業種(建築分野)から、他業種、異業種と多様な若い人材が出会う場所づくりを継続しています。20年65回を重ねています。

その異業種の出会いから、宇土のサッカーの活性化に関わる若い世代に出会います。それが、現市長元松茂樹氏です。市長選挙の騒動に、新人の元松茂樹候補を支持する縁から市議選に出ることになり、全く知らない未知の世界に飛び込むことになりました。

以来、丸7年が過ぎました。年4回、無欠席で、議会の質問活動(同期は3名のみ)をやって来ました。10年前を考えると、建築士が市議選に出て現職、糾弾の質問でなく、市政改革の質問を続けています。

さて、建築設計の世界に入って35年、市民活動も継続していますし、議会の活動も懸命にやっています。地域の様々な役もやっていますが、一番の私の興味は、宇土市子どもたちで、サッカーを好きな子どもをいかに増やすか、これからサッカー少年・少女たちのさほをやりたいも思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック