<会話の工夫>現代は忙しい、相手の話を聞いて会話を終える工夫が大事なのかもしれない。

<会話の工夫>現代は忙しい、相手の話を聞いて会話を終える工夫が大事なのかもしれない。(デール・カーネギー)

昨夜は議会の飲み会で、遅くまで夜なべ談義が続いた。みなさんそれぞれに、語りは始めたら止まらぬ議員なので、聞くとなかなかウンチクのある話で面白い。その分野に秀でた人々と語るのは、我が生活を省みる機会にもなると思います。

ここ数週間枕元にある本『デール・カーネギー 名言集』に下記の言葉がありました。

「人と交際する時に一番忘れてならぬことは、相手には相手の生き方があるのだから、それが他人の人生をかき乱さないように、むやみに干渉しないことだ」~ヘンリー・ジェームズ~

文の“無味に干渉しない”が良いと最近思います。これは、友達付き合いもですが、家族内のことでも、年齢が行くとそれぞれに、それぞれこだわり(文化)を持って生きているもので、干渉しないのが良いように思うこのごろです。

さらに、仕事の合間に語る仲間との会話の要領ですが、電話の内容でも、用事以外に、相手の状況も考えず、ダラダラと語り続ける人がいますが、これには閉口してしまいます。

押したら、さっと引き、話を聞いて終える工夫も生活の知恵と私は考えいます。またまた、カーネギーの本には、

「現代生活は忙しい。用件はさっと述べ、言うべきことを言ったら、そこで話をやめて、相手に話の場を譲る方が良い」~デール・カーネギー~

とあり、賛同するところです。現代は忙しいからこそ、相手の話を聞いて会話を終えることが、人の縁をつなぐ工夫なのかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック