ギャンブル依存の人が成人人口の4.8%、536万人と推計


ギャンブル依存の人が成人人口の4.8%、536万人と推計

~ギャンブル依存症とカジノ構想を考える~

安易な遊びから、ギャンブル依存症になる?


私は、お酒を仲間と飲むのが大好きですが、晩酌をするのは疑似アルコール依存症になっているかもしれません?

インターネット依存症は、facebook、ブログ等に時間を費やしてばかりいる人はネット依存症なのでしょうか?

お酒も、ネットも自己責任です。飲酒運転から事故は刑事事件です。

「536万人と推計」ギャンブル依存症が、こんなにいるのかと改めてしりました。

私は、疑似ネット依存症+アルコール大好き人間ですが、ギャンブルは一切しません。

1.競馬、競輪、ボートなどの公営ギャンブル。
2.パチンコを代表する民間娯楽(民間ギャンブル)。
3.宝くじも一種の社会貢献を目的とする高額くじ。

人間の欲をそそるギャンブル、あまりやりすぎない方が良いと思います。
国政の話題になった、「カジノ構想」ですが、ギャンブル依存症の方には、とても関心のあることですが、世論の意見をもっと集めることが必要と思います。

Yahooニュースより
>ギャンブル依存の人が成人人口の4.8%に当たる536万人に上るとの推計
>成人の依存症について調べている厚生労働省の研究班(研究代表者=樋口進・久里浜医療センター院長)は20日、パチンコや競馬などギャンブル依存の人が成人人口の4.8%に当たる536万人に上るとの推計を初めて発表した。インターネットから離れられないIT依存の傾向がある成人は421万人となり、5年前から約1.5倍に増えた。また、アルコール依存症の人は初めて100万人を超えて109万人に達し、女性は2008年の8万人から14万人に急増した。(毎日新聞)

この記事へのコメント

げん
2014年08月21日 22:18
ギャンブル依存症をいかにも世界中でも悪く発表している厚生省研究班のお歴々方ですが、何故この時期とおもうのか、所詮何を発表しても、問い詰められても責任の所在がない役所ですからね。新聞も書くことないからといっても取材をしろよ、例えば世界と対比して公務員の数や議員さんの数とか、給料額など公務員や議員一石投じてください。


この記事へのトラックバック